ココア入りの生クリームを作ろうと思うのですが、それに関してご相談

ココア入りの生クリームを作ろうと思うのですが、それに関してご相談したいことが数点ございます。
1.ココアは飲料用として売られているものを用いたほうがいいのでしょうか? それとも、普通に考えて製菓用の純ココアを用いたほうがいいのでしょうか?
2.市販の生クリームは大体1パック200mlで売られていますが、これに対してココアはどのくらいの量を入れてやればいいのでしょうか?
3.ココアを生クリームに溶かす際のことですが、生クリームを沸騰直前まで温めてから溶かせって書いてあるレシピとそのまま入れろって書いてあるレシピとあります。生クリームは温めないときれいにココアって溶けてくれないですか?
以上よろしくお願いします。



おはようございます。
1.ココアは飲料用として売られているものを
用いたほうがいいのでしょうか?
それとも、普通に考えて製菓用の純ココアを
用いたほうがいいのでしょうか?

製菓用を準備できるのなら、製菓用の純ココア。
飲料用のココアでも可能。
2.市販の生クリームは
大体1パック200mlで売られていますが、これに対して
ココアはどのくらいの量を入れてやればいいのでしょうか?
純ココア…大さじ1
砂糖…大さじ2
生クリーム…200cc
3.ココアを生クリームに溶かす際のことですが、
生クリームを沸騰直前まで温めてから溶かせって書いてある
レシピとそのまま入れろって書いてあるレシピとあります。
生クリームは温めないときれいにココアって溶けてくれないですか?

生クリームを温めてからの方がきれいに溶けると思います。
_________________________
良かったら、こちら参考にしてみて下さい。

これで失敗しない。チョコ生クリーム(チョコホイップ)の作り方
チョコ好きにはたまらないチョコ生クリーム。
作り方をマスターすれば、バレンタインやクリスマスケーキ、
フルーツサンドやシンプルな焼きっぱなしのケーキに添えたりとお役立ちです。
チョコがダマにならず、なめらかなクリームに仕上げるコツをご紹介します!
もっと簡単に!ココアで作るチョコホイップ
ココアと生クリームで簡単に方法もありますよ。
チョコレートをつかったものより少し軽めの口あたりなので、
味の好みや用途に合わせて使い分けするとGood!
レシピでは、純ココアと砂糖を使用しますが、
砂糖入りのミルクココアパウダーでも同じように作れます。
材料(作りやすい分量)
純ココア…大さじ1
砂糖…大さじ2
生クリーム…200cc
※泡立て用のボウル・泡だて器とワンサイズ大きいボウル、
お湯と氷・水を用意します。
作り方
1. 泡立て用ボウルにココアと砂糖を入れ、湯せんにかけながら
生クリーム少々を加えてのばします。
2. 湯せんのまま、100ccまで生クリームを
数回に分けて加え、そのつど混ぜます。
3. 湯せんを外し、残りの生クリーム100ccを加えて混ぜます。
泡立て用のボウルを氷水を入れたボウルに当て、
冷やしながらしっかりと泡立てます。
4. クリームがぼったりと重くなり、角が立てばできあがり。
5. 器や絞りだし袋に移して使いましょう。
★作るときのコツ
・先にココアと砂糖を入れたボウルに少量の生クリームを
加えてのばすと、ココアが飛び散らず粉がダマなりません。
・湯せんや氷水ののボウルに当てて、温度管理をしましょう。
・泡立て用のボウル・泡だて器やヘラは
水滴のついていないものを使い、
湯せんのお湯・氷水が泡だて器のボウルの中に
入らないよう注意しましょう。
・植物性クリーム(ホイップ)で作る時は、
湯せんを熱くしすぎないこと(分離を防ぐため)、
泡立て時はしっかり冷やしてください。
何かの参考になれば幸いです。<(_ _)>
◆>・植物性クリーム(ホイップ)で作る時は、
湯せんを熱くしすぎないこと(分離を防ぐため)、
泡立て時はしっかり冷やしてください
生クリームはこちらを使っています。
これ植物性ですよね。生クリーム自体の温度が何度以上になるとだめっていうのありますか?
脂肪測定システム

コメント