簡単で鼻を小さくする方法ありますか? 出来れば家で少しやる感じのを

簡単で鼻を小さくする方法ありますか? 出来れば家で少しやる感じのをお願いします。



まずはむくみを取る方法から!
御存知の通り、人間の鼻は軟骨でできているので、なんと一生成長し続けるといわれています!
個人的にも10代の頃はかなり鼻にコンプレックスを持っていたのですが、成長するとともに、あまり目立たなくなったことで、鼻の形で悩むということがなくなりました。
このような経験や、でかい鼻を1日、1日と毎日マッサージやツボ押しなどを行うことで、変化させることは可能だと思っています、次のような方法を、悩みが深いという方は実践されるといいのではないでしょうか?
でかい鼻をからかわれて悲しんでいる人もいるかもしれませんし、小さくしたくて整形を本気で考えている人もいるでしょう。
お金をかけずに、まずは安全で安心な方法で、でかい鼻を1日、1日、日々の訓練で小さくしていければ、怖い整形などに手を出さなくてもすみます、安易にメスを入れるよりも前に出来ることからやっていきましょう!
瞬間!!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法
まずは、顔のむくみとりですが、個人的経験ですが、出来れば日々運動などを続けられると効果的だと考えられます。
もちろんこれからお伝えするマッサージなどの方法も良いのですが、有酸素運動を日常に取り入れることによって、元々むくみやすい体質だったのですが、特に顔のむくみを感じなくなっただけでなく、水分摂取の制限だとか、しょっぱいものを食べ過ぎないようにするなどといった従来のやり方にしがみつかなくて良くなり、運動を取り入れて代謝をスムーズにできていれば、それほど顔のむくみは感じなくなります。
もちろんこれは、人によって体質などの違いがあるかと思いますが、元々むくみやすいタイプだったので、個人的にはマッサージばかりに頼るより、全身からむくみにくい体質へと変えていったほうが、色んな面で楽になるのではと思いますが、選択するのはひとりひとりです。
1日で、すぐにという言葉に人はつい「ふらぁー」と乗っかりたくなりますが、運動なら、ダイエット効果も高くなり、色んな面で活性化してくれるので、意外と相乗効果が見込めるため、多くのことが解決したり、精神衛生上も健康になれるので、でかい鼻だからと、うじうじ悩むことも少なくなる面もあるかと思います。
ですから、有酸素運動や軽い筋トレなどを日常に取り入れ、でかい鼻だけに集中する気持ちを、スカッと笑い飛ばせるような性格を作っていくという方法も取り入れると、健康的ではあると思います。
ここからはでかい鼻を1日、1日とマッサージを繰り返すことで、小さく目立たなくする方法について情報をまとめていきます!
鼻を小さくするマッサージ、まずは小鼻を両手の指で強めに挟んで、クルクルとマッサージしていきます!
続けているうちに、段々と小鼻の辺りが温かくなっていきますから、こうなったら両脇から小鼻を挟んで高く引っ張りあげるようにしながら、眉間に向かってマッサージしながら最後に、眉間を強く押さえます。
しばらく小鼻を挟んだままにしておき、鼻の形を整えておきましょう。
これを、1日、1日と続けていくことで、でかい鼻の形が変化していった方もいますので、理想の形をイメージしながら日々行ってみてください!
次は、ツボ押しをご紹介します!
印堂という顔のツボを押して、鼻の形を整える方法があります!
指先で印堂から鼻筋をマッサージすることで、でかい鼻を小さく整えることが出来ると言われています。
一度印堂を押してから、鼻筋に向かってマッサージするようにするのがコツです!
鼻のマッサージは、でかい鼻がすぐに1日で小さくなるというものではなく、続けることで周辺の老廃物を流していくため、スッキリとした形に整えてくれるといわれています。
マッサージを行う場合は、お風呂に入っているときや、クリームなどを付けて滑りを良くした状態で行うようにしましょう。
こうすることでより効果的な老廃物の除去が出来ます。
他には、1日で効果が出るわけでないけれど、継続することで、でかい気になる鼻を小さくすることが可能であるといわれる鼻筋トレがありますので、やり方をご紹介しましょう!
これは、鼻の穴がでかいことで悩んでいる人向きの筋トレになります。
片鼻呼吸法というやり方をご紹介しましょう!
読んでいただいたとおり、片方の鼻だけで呼吸するという訓練方法となります!
まずは右側の鼻の穴を指で押さえて塞ぎ、力をいれないでゆっくりと左側の鼻だけで息を細く吸っていきますが、このときに、鼻がキューっとすぼむような感覚を感じるので、これをしっかりと意識していきましょう。
吐くときは口から出します。
この片側呼吸を5~10分ほど行ったら、次は左へチェンジして同じように呼吸を続けます。
コツですが、片側の鼻で息を吸い込むときに、すぼむように行うことです!
そして慣れてきたらこれを、指の補助なしで行えるようにするとベストです。
次は小鼻筋の鍛え方です。
軽く指で両方の鼻の穴をふさぎ、この状態で鼻で息を吸い込むのですが、このときもすぼめるようにというやり方を意識することがポイントになります!
これを5回ほど繰り返す訓練をしていきます。
この時に大事なのは、指で皮膚を強く圧迫したり、こすり過ぎないようにすることが重要です!
肌荒れを起こしたりする危険もありますので、注意してください。
次は、でかい鼻をさらに目立たせるNG行為についてご紹介しましょう!
これはやめておいたほうが無難だという情報をまとめていきます。
● 鼻の穴の中にティッシュなどを詰める
● 指を使ってほじる(どうしても気になるのなら、綿棒などを使いましょう)
● 自分が口呼吸をしていないか今一度意識してみてください、口呼吸は、鼻の穴や口元の筋肉が伸びてしまいやすいので注意が必要です。
脂肪測定システム

コメント