射精と薄毛は関係ありますよね。AGAが始まってる場合射精は薄毛を進行

射精と薄毛は関係ありますよね。AGAが始まってる場合射精は薄毛を進行させるってことですか?それとも射精しなくとも自慰は薄毛を進行させますか?実際の所どうなんでしょうか、教えてください



射精と薄毛の関係性を証明する、科学的に信頼出来る実証データや論文が存在しません。
もし両者の関係性が本当に存在するのであれば、体の仕組みを学ぶ学問である「生理学」の教科書にも必ず記載されます。
私も学生時代に生理学を学びましたが、そのような話は一切有りませんでした。
また、長く医療の世界で仕事をしてきましたが、明らかに無関係であると言い切れます。
AGAのメカニズムのどこにも、射精との関係を指摘する信頼出来る記述は見当たりません。
男性の射精は、本来備わった生殖という、とても重要な本能に直結しています。
なので大部分の健康な男性は、自慰か性行為かに関係なく、日常的に射精を行います。
もし射精=薄毛であれば、殆どの生殖可能な年齢の男性は、みんな薄毛になってしまいます。
薄毛の原因は実に様々で、基本的には加齢と遺伝によるものが大きいのですが、その他にも頭皮の皮膚疾患、薬剤や化学物質の影響、精神的なものや、外傷なども考えられます。
しかし、それらの中に射精は含まれておらず、両者に関係性は無いと考えるのが医学の常識です。
ではなぜ、そのような根拠のないウソが信じられてしまうのか。
それはおそらく「亜鉛」に原因があると思われます。
亜鉛は人の味覚を正常に保つためには欠かせない栄養素であるとともに、精液を作るうえで欠かせない材料でもあります。
それ故、亜鉛を大量に摂取すると精力が付くという勘違いがうまれました。
また、なぜか脱毛防止に効果がある、発毛に良いとのウソも語られるようになりました。
それらのウソが
○精液の材料は亜鉛→○精液を放出すると亜鉛が不足する→○亜鉛が不足すると髪の毛が抜ける・・・というように連想された結果、そのような「トンデモ理論」となったのではないでしょうか。
亜鉛は我々が普段の食生活で十分に摂取出来る栄養素であり、たまに射精したからと言って、不足する事は考えられません。
ご質問者さまにおかれましては、ネットのウソ情報に振り回されず、正しい知識を選択されますようにご忠告申し上げます。
参考になれば幸いです。
◆そうだったんですね…少し安心しました。加齢と遺伝ですか、防ぎようがありませんね、残念です。正しい知識を見極めないといけませんね、気をつけます
◆毎日頭に石油つけて洗うからはげんの。洗脳って怖いですね
◆射精と薄毛は関係ないという研究データがあります。
◆なんでも本能の部分は大事だと思います。
若いとやりすぎてしまうかもしれないのでそこはほどほどに
脂肪測定システム

コメント