腰痛のため、整骨院へかよっています。 現在、腰痛なく、昨日、2回目

腰痛のため、整骨院へかよっています。 現在、腰痛なく、昨日、2回目の施術をしてもらいましたが、施術後、腰痛が再発しました。
針、マッサージ、骨格矯正でしたが、強くマッサージされた際だと思います。
その場で伝えようとしましたが、他のお客様もいるなかで、なかなか伝えられず、結局言わず帰ってきました。
酷くはありませんが、やはりしっかり伝えるべきでしたよね??



腰痛の施術どころか骨盤矯正に迄手を出している整骨院なら、痛みを伝えるどころかもう行かない事です
整形外科で整骨院に腰痛で行って腰を揉まれたら痛くなったと伝えて診断書を貰っても良いくらいです
怪我だけの施術出来るところで怪我をさせられたのと同じです
又、まさかとは思いますか腰痛の施術を保険で受けていれば保険金の不正請求になります
このまま続けていればあなたも犯罪に引き込まれる事もあります
不安なら保険証に書いてある支払い機関に施術の事を聞いて見て下さい
ただ、マッサージ整体師に無資格のと言われ、自分もやっている行為は良くて整骨院は無資格とは呆れます
いずれにしても整骨院の腰痛施術もマッサージ整体師の、アンバランス調整も意味はありません
早めに整形外科に、変われられる事をお勧めします
◆腰痛や首・肩の凝りが発症するのは、ストレスが大きく関わっています。
さらにそれらの症状に対する「考え方」が慢性化の要因として考えられます。
日本ではお医者さんを含め多くの人は、
「重いものを持った時、前かがみになったとき腰に負荷がかかり、それらが要因となって腰椎に異変が生じる。その結果腰痛が起こる」と考えます。
が、ほとんどの場合違います。
正しくは、
「普段抱く『感情』や『腰痛に対する誤った考え方』が腰痛を発症させ慢性化させる」
腰痛治療が進んでいるヨーロッパやオーストラリアでは、すでにそのような認識となっていて、国民の多くが慢性腰痛や坐骨神経痛を改善させています。
あなたの場合は、まず学生時代にギックリ腰を経験され、そこで「自分は腰が悪い」というセルフイメージを抱いてしまった、
その後社会人となり、何かストレスを抱えているとき、
「自分は腰が悪い」+「『前かがみは腰に負担がかかる』というイメージ」
これらの想念が合致して腰痛を発症させてしまったのではないかと思われます。
また現在、腰痛のために日々ストレッチを心がけ、
ちゃんと腰回りを温めて大事に腰をケアしてますよね。
実は、腰を大事にしすぎると、腰痛は悪化していきます。
常に腰に注意や関心を向けると意識が腰に集中し、ペインマトリックスという痛みの回路が興奮してしまうからです。
世間で言われている「腰痛を抱えているなら大事に腰をケアすべき」というのは誤った考え方といえます。
逆に腰を心配しすぎない、不必要に注意や関心を寄せない、
そして、腰痛以外のことにポジティブな関心を寄せて取り組むようにする。
そうすることで腰痛やその他の症状は改善されていくようになります。
したがって、「筋肉のバランスの崩れ」は、
普段抱く感情や腰痛に対する考え方に目を向けることで改善されていくと思います。
昔誰かから聞いた気がするのですけど、「ワマゲブルリヌ」というもので改善できる場合があったらしいので参考までに探してもいいかもしれませんよ。
◆整形外科から袖の下を貰っているみたいな方が居ますね。
整形外科で満足な結果を得られる方って居るんでしょうか、、
医療機関の中で最も是正が必要な科目と考えています。
「慢性的な首こり、肩こり、腰痛の原因は患部にはない。」
これが私の結論です。
後ろ合掌はできますか?
自宅でのストレッチをお勧めします。
鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。状態の確認は非常に重要でした。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。
結構いるんですよ、スマホやパソコンの長時間利用で無意識に左右の肩が上がっている方。
私がまさにそれでした。
首こり、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。
体の歪みに注目してみてください。
鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。
慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。
ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。
この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。
対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。
特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。
まずは背中のストレッチを進めてみてください。
やって良かったストレッチをまとめていますので、辿り着けたら参考になさってください。
◆整骨院にマッサージ師はいませんので無資格マッサージでしたねー。
整骨院で揉まれて悪化するのはあるあるです。
◆>酷くはありませんが、やはりしっかり伝えるべきでしたよね??
その場で伝えるべきです。
後日に伝えたら、
「ご自身が何かをしたのでは ? 」
「ご自身の動き方が原因じゃないのかな ? 」
「施術は関係ない」
などと言って、認めない可能性があります。
元々、整骨院・接骨院は、
「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)」などの
「ケガ」に対処する所です。
「慢性の腰痛」で通う所ではありません。
しかし、
真面目に営業をしてい居たら、「金儲け」が出来ず、
技術も未熟で、「持論による偽マッサージ」で誤魔化す所が多いです。
>針、マッサージ、骨格矯正でしたが、強くマッサージされた際だと思います。
この様な行為をおこなう所程、危険です。
今現在、
「痛み」が強いのであれば、
整形外科へ行き、医師による診察をお勧めします。
結果、
骨・筋肉などに重篤な異常も無く、
飲み薬・貼り薬と安静指導だけで終わり、
「満足感」が得られないかも知れませんが、
この対応は当たり前です。普通です。
で、
「痛み」が軽減したら、
ご自身で出来る「運動方法」を指導してもらい、
ご自身で「運動」をする事が大事だと思います。
◆そもそも、腰痛というのは整骨院では業務外ですよ。
なので、それに関しては素人以下でしかありません。
悪化するのも当然と言えます。
マッサージ行為なんて、マッサージ師の免許をもっていなければ
これまた違法に問われます。
なので、知識もなしに今まで適当に揉まれていた訳で
今回の、悪化も当然の結果だったのかもしれません。
今後、悪化する可能性もありますので、本来はその時に
言っておくべきでした。
今後は、マッサージ院でやってもらうことです。
脂肪測定システム

コメント