ダイヤモンドを誕生日に購入してもらうのですが、色々ダイヤモンドを

ダイヤモンドを誕生日に購入してもらうのですが、色々ダイヤモンドを見ていて悩んでしまいます。せっかくなので、コスパの良いものを買いたいのですが、どんなダイヤモンドがコスパが良いですか?



お店に行く前に、とりあえずざっと4Cとは何かの説明について目を通してください。
1ctとか0.5ctとか重さが一つの区切りを超えてしまうと価格が跳ね上がるので、こだわりが無いならその少し手前で、0.95ctとか0.48ctみたいな感じで見た目の大きさがほぼ変わらない石を選ぶと、リーズナブルです。
Gカラー SI1 VG以上は製品になってしまうとほぼ見分けがつかないし、あとは希少価値の差なので、4Cの中でこだわりのある項目のみグレードを上げて、その他は輝きに影響しない範囲でグレードを下げると、コストパフォーマンスは良いです。地金がYGやPGなら、Kカラーくらいまでカラーを下げても見劣りしません。
鑑定書がつかないグレードの石のファッションジュエリーだったら、輝きの良さをチェックして、念のためルーペで目立つ内包物がないかどうか、チェックする程度で良いと思います。
定番のデザインを選ぶなら銀座や青山で買うよりも御徒町のほうが、実店舗よりもネットのほうが、リーズナブルです。
4Cグレードにかかわらず綺麗な石もそうでない石もあるので、自分の目でみてより輝いている石を選んでください。
蛍光性の項目と鑑定書の鑑定機関もチェックしてください。
もしもファンシーシェイプの石を選ぶなら、プロポーションの好みやカットのバランスも確認してください。
ここまで書いてきて矛盾していますが、ジュエリーは結局自己満足なので、見ていて気持ちがあがるもの、惹き込まれるほど輝きが気に入った石があれば、それが一番だと思います。(デザインや造りの良さも大切です。細いチェーンに極小の石のついたスキンジュエリーは素敵ですが、華奢なのでチェーンが切れて紛失しやすいです。入浴の際などにまめに外すか、少ししっかりしたチェーンのネックレスを選んだほうが安心です。)
お得だからと目をつぶって選ぶよりも、多少高価でも一目ぼれして選んだり、気分良く買えたりして、毎日でも身に着けたいと思えたほうが、結局良いお買い物だと感じます。
迷ったら、妥協するよりも背伸びして選んだほうが満足度が高く、長く使えると思います。
良いお買い物になりますように。
◆アンティークか中古品。
◆ダイヤモンドには、4Cというものがあり、それによって大きく値段が変わります。
カラー(色)、キャラット(重さ)、カット(テーブル部分の形)、クラリティ(透明度)の4つです。
値段に一番関わってくるのが、キャラット。1キャラットが直径約6.5mm、重さ0.2gですがこのクラスになると100万越えもザラにあります。
購入値段を下げたいのあれば、カラーの部分でイエローダイヤモンドを選ぶのも一つの手です。値段が格段に下がる中で、一般の方にはよくわからない。
見る人が見ればすぐわかるっていう感じです。
リセールバリューを考えなければ、イエローダイヤモンドはおすすめです。
深夜のテレビショッピングで格安のダイヤモンドは、ほぼ
イエローダイヤモンドといってもいいのでは無いでしょうか?
ただ、ブラウンダイヤモンドまで行くと一般の方でもすぐにわかるので、お気をつけください。
脂肪測定システム

コメント