わかる方教えてください (特に医者の方いませんか) 私の祖父なんで

わかる方教えてください (特に医者の方いませんか)
私の祖父なんですが
2年ちょっと前に大腸ガン
だと診断され幸いなことに
大きさも小さく転移するような
ものではないと言うことで
手術で取り除き綺麗になくなりました
その時は血便が出て受診したので
大腸に内視鏡?を入れて
癌がわかりました
でも最近肝臓の末期の癌と直腸ガンがみつかりました
2年前の大腸ガンが
見つかった時は 大腸しかCTを
とってなくて
他は探してもいないんです
これっておかしくないですか?
今考えたら
先に肝臓に癌ができて
直腸→大腸で
自覚症状が大腸しかでなかったから
大腸癌だけわかったってことじゃないのか
ということです
普通はどうなんでしょうか?
このように一箇所の自覚症状の受診なら
他はCTをとったり他の転移などは
探さないものなんですか?
この医者は私たち(母親、祖母、私の女3人)
にすごく威圧的な態度で
こーだからこーゆうかんじです
わかりました?もういいですか??
というような話し方で
私たちが質問しても
説明しても素人にはわからないでしょ?というような
感じの態度でした
ミスじゃないんですか?と言っても
この肝臓ガンのスピードはおかしいですが
ミスではないです
というんですがどうなんでしょうか?
一箇所見つけたら転移を探すものじゃないですか?
知ってる方、癌を経験した方教えてください



> 先に肝臓に癌ができて直腸→大腸で自覚症状が大腸しかでなかったから大腸癌だけわかった
癌の転移には方向があって、血液やリンパ節の流れで転移します。流れる方向に転移が起こるので、肝臓→大腸に転移することは普通はありません。病気ですから絶対に無いとはさすがに言えませんが、可能性が極端に低いものをすべて想定することはできません。
> 一箇所の自覚症状の受診なら他はCTをとったり他の転移などは探さないものなんですか?
大腸癌が判明した時点で、肝臓や肺への転移の可能性は考慮されます。ただ、その時点では癌が小さくて転移の可能性はない、と判断したということでしょう。
本当に2年前の段階で癌が初期状態(ステージ1など)であったのなら、この判断自体は普通です。ただ、いくつかは早期癌で遠隔転移していた(そして後から見つかった)という論文が出ていますので、可能性としてはあるのかもしれませんが、論文になるほど珍しいことは確かです。
もし、癌が進行していたのなら、転移を疑うのは当然ですから何の画像診断もしなかったというのは奇妙です。何か理由があったのかもしれません。
色々不満があるようですが、まずは何が問題なのか自分で整理する必要があります。
・医療ミスと考えているのか
・医者が不満なのか
などです。そして、それぞれの問題について
何が問題で、どうあるべきだったのが実際にはどうだったのか、そして誰に、どうしてほしいのか?
を箇条書きや表できちんと整理します。
その後、それぞれの問題について、話をする先を決めます。今のまま散漫な不満をぶちまけても、誰も相手にしてくれません。
◆基本的には大腸癌からの転移でしょう。
大腸癌の場合、転移しやすいのは肝臓と肺になります。
2年前の大腸癌手術なら、普通は定期検診が、半年に1日のCT検査、1年に1回の大腸カメラ、1年の1回のエコー検査です。
CT~エコー~CT~大腸カメラ
これで、再発、転移を確認します。
※エコー検査は特に肝臓に特化した検査になります。CTではわかりにくい場合が多いため。
結局は、CTは主治医個人の「見る目」になります。
※エコーは検査員が丁寧に検査します。大腸カメラは内科医が見ます。
エコー検査などしてなかったのかな?
◆医者ではないのですが、失礼します
過去に祖父を癌にて亡くしています
私の祖父の場合のことしか言えないのですが、末期の肺がんでありました
時系列を追って説明すると、
癌の疑いがある状態からはじまり、その1ヶ月後 末期の肺がん確定、全身転移の可能性ありとなり
2ヶ月後 リンパ節と骨に転移を確認
2ヶ月半後 治療開始
という感じで癌の可能性が見つかってからかなりの時間を要しました。担当の先生はテレビの特番が組まれるぐらいの名医で、世界中で癌について勉強を教えるような方で説明もとても丁寧にされる良い先生だったのですが、それでもこれだけの時間かかりました。
もう、末期癌だからそんなに急がなくても、というのはあったのでしょうがそれでも3ヶ月近くかかっています
また、その検査費も安いとは言えないものでもありますから 無闇矢鱈に検査をしていれば家族負担金額が大変なことになりかねません。その辺のことも考慮されたのかもしれません。
しかし、おかしいと思うなら積極的に診てもらう医師を変えるべきです。世に言うセカンドオピニオンのことです
もう、末期ということですから 対処法は限られてくるとは思いますが、自分が思う限り諦めずに 本人と家族に合った医師を積極的に選ばれてください
脂肪測定システム

コメント