口のなかを噛む癖及び、舌で歯を舐める癖を辞めたいのですが、なにか

口のなかを噛む癖及び、舌で歯を舐める癖を辞めたいのですが、なにか良い方法ありませんか?
マウスピースは効かず、仕事中にずっと噛んでしまいます。口腔外科を扱う歯科医院に行くと、いつの 間にか虫歯治療がはじまり歯を削る方向にもっていかれ、結局顎関節症のことなど無視。
辞める意志がないからといわれるけど、生活してる上で無意識に繰り返すので直すの大変難しいのです。強制的に出来ないようにするとかしかない。しかし、どうにもわからない。なんか良い方向ありませんか?



以前の私と同じですね。
口の中を噛むと少し落ち着いたりしますが、イライラが台頭したりと心理的には最悪でした。
顎の歪みを改善してください。
治らないかもと言われた顎関節症を自力で完治しています。
歯科や口腔外科での原因推察や治療法にはかなり不備があるのではないかと考えている者です。
ほとんどの歯科や口腔外科ではマウスピース治療が主流だと思いますが、自力で完治してみて思うに、あれでは顎関節症の根本原因は是正できないとみています。
診察は歯科や口腔外科で大丈夫ですが、どこで治すかはあなた次第ですね。
最悪期は指1本分も口を開けることができなくなりましたが、私は自力で完璧に治しきりました。
「口蓋骨」「蝶形骨」というワードは絶対に忘れないでください。
(歯科や口腔外科、整形外科では一切聞いたことがありませんが)
顎関節症は本当に歯科や口腔外科で治すものなのか?
完治した今でも常に考えています。
これは歯科医にも自問自答してもらいたいです。治す自信がない歯科医は「うちでは顎関節症を扱えません」と患者に伝えるべき。
鏡に向かって口をゆっくり上げた時に下顎のスライドはありませんか?
またじっと鼻を見て左右どちらかに歪んでいませんか?
この2つの確認は非常に重要でした。
ちなみに私の場合は下顎は右にスライドし、鼻も右に寄っていました。
この把握は後にも先にも重要です。
私には顎関節症と共に顔の歪みも凄かったのですが、歯科のマウスピース治療では100年経っても治らないと思い、自力で完治しています。
顎関節症は顔の歪みからの派生症状で、対応は共通すると考えています。
体の歪みにも注目してみてください。
また、ネットで口蓋骨、蝶形骨について調べて、これらが歪んだ場合にどうなるかイメージしてみてください。
頭蓋骨は1つの塊ではない事は非常に重要です。
そして、どこで治すかはしっかり考えてみてくださいね。
ちなみに「顔の歪み」については歯科、口腔外科、整形外科のどこも積極的には対応しません。
もちろん、口蓋骨や蝶形骨、鼻骨についても完全無視です。
繰り返しになりますが、口を開けた時の下顎の軌道は何によって支配されているとお考えですか?
鏡を見ながら口をゆっくり開けて軌道を確認してみてください。
私が行った歯科や口腔外科ではその説明すらしませんでしたが、治すためには、まずその解釈が重要だと考えています。
左右の肩の高さに違いはないですか?
私の場合は体の歪みに注目しました。
顎関節症の殆どは体の歪みが原因だと確信しており、歯科で治りにくいのは当然だろうと考えています。
体の歪み、姿勢の悪さ

頸椎の歪み

噛み方の変化(下顎の軌道の変化)

左右の表情筋のバランス悪化

日中の噛みしめ、食い縛り

上顎骨、口蓋骨、蝶形骨の歪み→上顎と鼻骨が顎関節症の反対方向にズレ

顔の歪み→不正咬合

開口時の下顎の軌跡の過度なズレによる顎関節の可動域のブレーク
【重要】可動軸と顎関節が独立しているからこそブレークが発生
(歯科でよく語られる関節円板云々はここの状態で、原因ではなく「症状」の一様と解釈)

顎関節症
こんなイメージで捉え、顎関節症と顔の歪みを自力で完治しています。
重要なのは「口の開閉時の下顎の軌道は顎関節がガイドしているわけではない。」ことです。
やったことは主に2つ
①体の歪みの是正
肩の高さのの違い、右肩の巻き肩がありましたが、整体で歪みの傾向だけ把握してもらい、その後はストレッチで是正しました。
たまに鉄棒にぶら下がるのが良かったです。
→体の歪みを是正することにより顎の可動方向が是正されました。
②上顎のズレの是正
マックシェイクなど粘度の高い飲みものをストローで強めに吸いながら、上顎の歪みを感じながら口の筋肉だけで是正
→歯科や口腔外科では上顎の歪みの存在さえ認知されていないイメージです。
具体的には上下の歯を指1本分離し、舌を上顎に張り付かせた状態で上顎の歯列の中心辺りで唇を尖らせるようにして力ませ、口の筋肉で上顎全体をホールドし、ズレを補正
左顎の顎関節症でしたが、上顎と鼻骨が右側にズレていました。戻すときは上顎や歯の根元がミシミシ鳴りました。
私の場合はこの上顎の歪みの是正なくしては顔の歪みと顎関節症の完治は無かったと断言できます。
(マウスピースは上顎の歪みがある場合は無意味だと考えています。咬合で上顎の歪みを治すためには横方向に大きなモーメントが必要であり、上下の歯が近接する通常のマウスピースでは横方向のベクトルが極小となるため、そのモーメントを生み出せないためと解釈しています。マウスピース治療を受ける方は歯科医に「マウスピースは上顎に歪みが無いことを前提とした治療だと言えますが、上顎は歪んでいませんか?」とお尋ねください。)
③悪影響を及ぼす恐れのある行動の厳禁
よく言われる、荷物の片側持ち、足組み、頬杖、爪噛みはやめました。
更に浴槽や部屋の壁でよくやってしまっていた事は絶対にやめるようにしました。
それは後頭部を壁や浴槽に押し付けるような姿勢でのスマホやパソコンの操作です。
完治するなかでの気付きですが、後頭部の片側への加重は顎関節症に大きな影響を与えていた可能性を強く感じました。
実際、今上記の姿勢でやろうとすると顎関節症の再発を本能的に感じます。
歯科や口腔外科では顎関節症は一生治らないと言われていたので、してやったりでした。
よく左右の噛み癖みたいな話が出ますが、私の場合はそれ自体が癖ではなく体が選択していました。
要するに顔の歪みで片側が咬みにくくなったためです。
これを原因とするのはどうかと思います。この傾向自体がすでに「症状」とも言えると思います。
また、精神的ストレスを原因とする見解にも疑念を持っていました。
私が自力で治そうと考えたのはこの見解に反旗を翻したものですが、精神的ストレスで発症するなら顎関節症が左右どちらか一方に生じる蓋然性を説明する必要があるでしょう。
知恵袋にもよく登場する顎関節症の専門医に「顎関節症患者の顎関節症が左右どちらに発症しているか統計は取られていますか?」とお聞きしたところ「意味が分からない」と一蹴されましたが、この左右の有意性こそがストレス論を打破できる材料だと思っています。
精神的ストレスが主因で他に因子が無い場合は確率論的に発症する左右差はないはずだからです。もし左右差があるのであれば、「原因は精神的ストレスではない、もしくは精神的ストレスだけではない因子ががある」ことが示唆されるわけです。
安易な精神的ストレス原因論にはお気をつけください。
姿勢の悪さはないですか?
鏡に向かって立ってみて、肩の高さに違いがないかを確認してみると良いかもしれません。
やっていたストレッチはプロフィールに書いていますが、たどり着けたら参考になさってください。
脂肪測定システム

コメント