昨年の秋くらいからめまいに悩まされています。あまりにひどくなって

昨年の秋くらいからめまいに悩まされています。あまりにひどくなってきたので年末に一度耳鼻科を受診して、三半規管が弱ってると言われ薬で治療をしました。3ヶ月ほどでずいぶん落ち着いた感じだったんですが最近ま ためまいがひどいです。元々胃腸が弱く、便秘と下痢を繰り返す感じで以前漢方薬局で腎の力が弱ってると言われました。血も足りてないのか貧血気味で生理前はすごくだるいです。先日漢方の病院を受診して、苓桂朮甘湯と六君子湯を処方されました。飲んでしばらくして下痢が続き食欲も落ちてめまいもひどくなってしまいました。まだ2週間もたってないほどなので効果が出てないだけなのかなー?なんですがこれは漢方がきつかったり合ってなかったりするんでしょうか??
どなたか詳しいかたいらっしゃったら教えてもらいたいです。



医学は盲信するものではなく、俯瞰するものです。
怪しげな診断をする医師にはそれなりの反論が必要でしょう。
姿勢が悪くないですか?
必要に応じて耳鼻咽喉科、脳神経外科、神経内科などの受診を検討してくださいね。
症状が酷いならどこかに異常があると考えるのが正常かと思いますが、医療機関では科目の保身なのか、既知の見識により異常なしなら安易に心因性として扱われる向きもありますので十分注意なさってください。
私には強烈な目眩や頭痛、片耳の耳鳴り、閉塞感がありましたが、最終的には併発していた顎関節症を完治させたことにより解消しています。
重要なのは上顎(蝶形骨)の歪みと頭部の緊張レベルだったと解釈しています。
後に目眩やメニエールの一時対応として医療機関が勧めることがある「エプリー法」を知りましたが、完治してからやってみると私が原因と考えて対処した蝶形骨に作用したことも確信に繋がりました。エプリー法を勧める医師は全容を把握しているかもしれません。余程無能な医師でなければです。
全ては「姿勢」が問題でした。
顎関節症について書いてしまっていますが、「体の歪み、噛み合わせ、蝶形骨の歪み、鼻骨と顎の変位、顔の歪み」について考えてみてください。
顎関節症の治療のために歯科、口腔外科に数年間通いましたが全く治らず埒が明かないので研究しながら自力で治しました。
私の場合は姿勢の悪さ、体の歪みが起因していると推察して案の定、自力で完治までできました。
姿勢の悪さはないですか?
鏡に向かって両肩の高さを確認して差はありませんか?
ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。
この事に気がついて多くの症状を治すことができました。
やっていたストレッチについてはプロフィールに書いていますが、たどり着けたら参考になさってください。
◆回答ありがとうございます!
姿勢確かに悪いです!!
うしろヨガのポーズはなんとかできました。でもかなり肩と手首がきついですね。
体の歪みはすごく感じます。もう少し運動しないとなーと実感してます。
ページ少し拝見しました。
また参考にさせて頂きます。
脂肪測定システム

コメント