アロマオイルで、 レモンやグレープフルーツ、ベルガモットは光毒性が

アロマオイルで、
レモンやグレープフルーツ、ベルガモットは光毒性があるので 普通のタイプの精油とフロクマリンを取り除いた精油の2つが販売されていますが肌刺激が少ない、マッサージ向きなだけで精油としての効能は
変わってくるのでしょうか?
たとえば、フロクマリンフリーじゃない方がレモンの効能が大きいなど・・・



フロクマンフリーですが、成分を抜いてある分だけ、少しだけ効能も違うとアロマの先生が言ってました。ただ他の主要な成分はあるのでそんなに大きな違いはないのではないでしょうか。
圧搾法ではなく、水蒸気蒸留法で抽出されたミカン科の精油はフロクマン類がほとんど含まれず、光毒性もないそうです。海外で作られると圧搾法が多いらしいですが、国内で作られる精油は、水蒸気蒸留法で作られる精油もあるそうです。
◆効能に変化はないとされてますよ。
脂肪測定システム

コメント