起床時にとても息苦しいのですが、睡眠時無呼吸症候群でしょうか? 太

起床時にとても息苦しいのですが、睡眠時無呼吸症候群でしょうか? 太っていなくても発症するのでしょうか?



【換気不全の分類】
A 換気量の減少
1 換気中枢の機能不全
薬剤性(鎮痛薬鎮静薬の過量)
先天性(新生児突然死症候群?)
後天性(脳欠陥障害、脳腫瘍、頭部外傷)
2 神経伝達障害
頸髄損傷(外傷、腫瘍など)
前角細胞障害(筋萎縮性側索硬化症、ポリオ)
変性疾患(ギラン・バレー症候群)
横隔神経障害(外傷、腫瘍、術後など)
3 呼吸筋障害
薬剤性(筋弛緩薬投与)
筋疾患(筋ジストロフィー、多発性筋炎)
神経筋接続障害(重症筋無力症、ボツリヌス症、破傷風)
電解質異常(低リン酸血症、低カリウム血症)
呼吸筋疲労(喘息の重積発作、COPDの急性憎悪)
4 胸郭の異常
可動性の低下(脊髄側湾症、重度の気胸や胸水、胸膜肥圧、高度肥満)
剛性の消失(重度のフレイルチェスト)
B 気道の障害
1 上気道閉塞
気道異物、腫瘍、クループ、喉頭痙攣や浮腫、睡眠時無呼吸
2 抹消気道閉塞
喘息重積発作、COPDの急性憎悪)
C 死腔換気の増加
1 高い換気血流比
ARDS、重度のCOPD
2 外部での死腔付加
不適切な呼吸回路など
3 肺血流の減少
ショック、心肺蘇生時、過度のPEEP付加、肺塞栓症(代償機転の換気量増加が不十分な場合)
D Co2産生量の増加
1 炎症、代謝亢進
発熱、敗血症、広範囲熱傷
2 肺活動の亢進
痙攣、ふるえ、不穏状態
3 代謝異常
カロリー(特に糖質の増加)の過剰投与による呼吸商の増加を伴う場合
E COPD:慢性閉塞性肺疾患
脂肪測定システム

コメント