変形性膝関節症 O脚 手術しないで治せるか? 40代後半の女性です。

変形性膝関節症 O脚 手術しないで治せるか? 40代後半の女性です。
6年ほど前に、膝の半月板を痛めたことをきっかけに、毎年冬になると膝が激痛を起こすようになっていました。
ただ、骨はO脚にはなっておらず、歩くには支障はなく、眠っていて朝方になると痛んだり階段の上り下り(特に降りる)時に痛む程度でした。
半年前に転職して、畳の上を靴下で早歩きしたり、フローリングの上をぺたんこのスリッパで早歩きをする職場になりました。
膝に急激に負担がかかったのか、またたぶん寒さもあって今年に入って膝痛が激化。どんどん痛みが増し(両ひざとも)杖をついても痛くて歩けない、座っていても横になっても痛く夜も眠れなくなりました。(2月から3月頭くらいまで)
診断によると、O脚に骨がなっていて変形性膝関節症だが、レントゲンで見る限りでは骨の形はそうひどくはなく、同じような骨の状態でもなんともない人もたくさんいるとのこと。
あまりに痛みにステロイドの痛み止めの注射を打ってもらっても一時的におさまるだけでした。
とりあえず減量と運動をすすめられ、この一か月は少しずつ運動(膝の痛みをとる体操)
もできるようになり、寒さが和らいだのもいいのか、杖がなくても歩けるまでになりました。
ただ、長時間車を運転したあとや、階段の上り下りの際はまだとても痛みます。
うつ伏せになる格好も膝が痛くてできません。
膝の筋肉が固まっているのか、体操時にはこわばりを感じます。膝の曲げ伸ばしをすると、ぽきぽきと関節がぶつかるような音もします。
骨切り手術を両ひざともするとなると、仕事をやめないといけなくなるし、先生もどうしたもんかね、、という感じです。
けれど、あの時の痛みは出産した時と同じくらい痛かったし、このままだと進行してまた寒くなるともっとひどくなってしまうのか?ととても不安です。だったら手術しておいたほうがいいでしょうか??
半年前にはヒールの靴をはいて歩けていたのに、たった半年でこんなになってしまうなんて。。
皆さんやお知り合いの方で、こんな症状だったけれど、手術はしないで治せたという方、いらっしゃいますか??
減量と体操だけで治っていくでしょうか?
それをずっとキープしていくことは出来るでしょうか??
整体や鍼でよくなるということもあるのでしょうか?
どんなご助言でも結構です。
わらにもすがる思いです。
教えてください。



膝の専門医の診療を受けてますか?
もしも、一般整形外科医であれば、専門医の診療を受診して下さい。
数年前に、人工置換術を受けました。
私の場合は、O脚ではなく X脚です。
同じ様に半月板損傷による一部除去手術を以前受けました。
手術を回避するのであれば、温存療法を行い、膝の負担を軽減する事です。
痛みの緩和を目的とします。
①体重管理をする。
②生活様式を洋風にする。
③大腿四頭筋をはじめとした膝や膝周辺の筋力をつける。
太ももの筋力を強化すると良いかと思います。
また、運動をする事で 痛みを緩和させる物質が放出されるそうです。NHKの今日の健康で放送されていました。
④サポーターや足底板などの装具を着用する。足底板はO脚には有効です。
⑤痛み止めなどの内服薬、湿布やクリーム、ゲルなどの外用薬、ヒアルロン酸注射などで痛みの緩和を行い、筋力をつけ、自然のコルセットをみにつける。
以上が温存療法ですが、
痛みが長期化する場合、痛みが激しい場合、生活に著しい支障がある場合は、
手術を選択する場合が多いです。
手術には、関節鏡、骨切術(O脚など)、人工置換術があります。
人工置換術以外は、年齢を重ねると 手術しても悪化し、人工置換術を行う場合もありますが、
耐久年数のある人工置換術をする事を遅らせる…と、いうメリットもあります、
手術には、メリットとデメリットもあるので、注意する必要があります。
筋力をつける運動には、その時々に合うものを選ぶと良いです。
術後の痛みのある時にも行われているものも有りますし、痛みの少ない時には 重りなどを装着して行います。
もし、プールに行けるのであれば、
水中ウオーキングやバタ足が最適です。
水中は、膝に負荷がかからず、ダイエット効果もあり 筋力もつきます。
運動の他に 可動域の確保(曲がりや伸ばす)の為に、ストレッチも行うと良いです。
お大事に。
長文乱文で失礼しました。
ご参考になれば 幸いです。
全てではありませんが、
代償動作(反動や太ももや膝に力を入れて立つなど)
をすると 硬くなることも有ります。
その時は、お風呂でマッサージしたり
ボールなどでコロコロすると良いかと思います。
◆お礼が遅くなりました、ごめんなさい。
具体的なご助言、ありがとうございました。
足底板は注文して数日前に届きました。
仕事中にあまりはけないのですが、履いているときは痛みが和らぐように感じますので、根気よく履いてみようと思います。
骨切術だと、いずれ人口関節に変えることになるかもしれないのですね。いずれにしてもとても考えてしまいます。。。
>代償動作(反動や太ももや膝に力を入れて立つなど)
をすると 硬くなることも有ります。
そうなのですね。
私はまだ運動の仕方が悪いのか、筋肉痛なのかよくわからない痛みが運動をしたあとでも起こります。。。
ひざやひざの裏側がこわばって伸ばしづらくもなります。
マッサージも効果的なのですね。
ありがとうございます。
◆O脚を改善するトレーニングを書いておきます。
両足を閉じて立ちます。筋トレの時は踵も、つま先も、くっつけた状態で行います。
O脚の方はこの時点では膝が離れているはずです。
膝を曲げてゆっくりと屈伸していくと、ある地点で膝がくっつくところがあるはずです。
①くっつく所まで屈伸する。、
②お尻の穴を締めるように力を入れ、太ももが外に回旋(踵の位置を変えずにつま先を外に受ける方向に回す)するように力を入れながら、膝を伸ばします。
③膝が離れそうになるのを太ももの内側に力を入れて踏ん張る。
※この時、つま先が離れそうになると思いますが、離れない様に踏ん張って下さい。
※逆に離れそうにならないなら、太ももをうまく外に回旋できていません。
※膝も離れそうになるかもしれませんが、膝は離れてしまっても構いません。
O脚が改善してくれば離れなくなります。
朝昼晩、10回ずつ毎日行ってください。
一度にたくさんするよりも、毎日必ず行うことが大切です。
ちなみに、友人は笠本先生の改善方法で治せたといっていました。
ネットで『笠本広 O脚』で検索すると見られます。
参考になるかもしれないので書いておきますね。
◆両膝を変形性関節症で、HTO手術を受けました。
さて今回は半月板負傷によるきっかけから、膝の変形が進み、痛みだした。それをかばうために両膝とも変形が進んだということ。しかし画像診断では、大きな変形には至っていない為、膝周りの筋肉を引き締めることによる運動療法で膝関節の安定をすることにより、改善を図るという医師の判断。その運動治療の効果はあった。
時にはステロイド注射(抗炎症薬)も使い炎症を抑える。
ということですね。
おそらく年齢からは
体重オーバーがかなりあるように推測します。また半月板治療の曖昧さや、リハビリを怠っている。等と想像しますが、違いますか、痛みは膝内側ですね。
全体のご質問内容から、ステージ3から4ぐらいだと思います。O脚は医者の見解ですが、あなたは実感がないとのこと、実際に立ってみた状態からわかるはずですが膝の開きはどうでしょうか?
現在経過観察内容は運動療法のリハですね。私も運動療法で改善する範囲の変形と思います。ただし半月板の状態をmriや内視鏡で画像診断し、処置すべきか、そのままで軟骨には問題がないのかは確認すべきです。
ステロイドは炎症を押さえますから1次的に痛みがとれる対症療法にすぎません。
ヒアルロン酸注射等も一時的なもの根治目的ではありません。
想像の範囲ですが運動療法を3か月続けて経過観察、体重にも問題があれば、こちらも落とさなければなりません。
①仰向けに寝て片膝を立てます。それで伸ばしている脚を膝を曲げずにゆっくり20回、20センチぐらいの上げ下ろし。左右行います。次に膝を脚を伸ばしたまま下に下げます。左右ゆっくり20回ずつ、これを朝昼晩、2セットづつ、他に立位から両膝を少し曲げるスクワット、大きく曲げてはいけません。外腿に力が入るように、20回2セットやはり朝昼晩、膝が痛いうちは歩くのはつらいので、自転車は大いに乗りましょう。これを2か月続ければ痛みは消えるはずです。誰も面倒になり止めがちなのがこの運動療法です。やり始めると痛みが出ることもありますが、その場合回数を減らす。ひどければ医師に診てもらうなどして続けることが大切です。
骨切のakoやhto術はまだ早いように思います。O脚は足底版で対応できる範囲と想像しますが、多少お金はかかりますが整形外科であつらえてもらいましょう。
私は横須賀の変形性膝には有名病院でその専門医に治療をしてもらいました。
まだ年齢的にも変形はひどい様には思いません。ためしてみて2か月間は運動療法、減量法とで治療されてはと思います。
なお不明でしたら現在の変形ステージ、半月板の状態、身長体重、1日の膝負担の生活内容がわかれば具体的なアドバイスができます。
◆大丈夫ですか?不安ですよね。
お気持ちお察し致します。私も40代で変形性膝関節症と診断されました。
立ち上がれないほどの激痛で、毎日気持ちが晴れずどうしていいやら…でしたが、色々な方からご助言を頂いたり、何より診察して頂いた整形のお医者様が、「まだ若いんだから気に病むな、いくらでも好きなことができる。トレーニングすれば今よりずっと良くなる」と言ってくださったことも大きいです。
まず、変形性膝関節症の簡単なトレーニングの方法はご存知ですよね?検索すればいくらでも出てきます。朝晩行ってください。当然ですが、痛くて苦しくて面倒です。
サプリメントはi.Herbというサイトから、
SAM-e 400mg
グルコサミン&コンドロイチン
コラーゲン
を注文して毎日飲んでいます。こちらで教えて頂いたサプリもあります。(サプリは効果がないという説もあります)
あと、プールで週3回は1時間程歩いています。ストレッチも欠かしません。毎日体重計に乗って、増えていたら食事は抜いています。今は階段の昇り降りもそう気にならなくなりました。さっと立ち上がって行動できるようになりましたよ。
お仕事は転職されるのはなかなか難しいことでしょう。ですが、長い目で見て何を取るかです。
MRIは撮影されましたか?
膝はレントゲンのみではわからないことが多いみたいです。
40代はお仕事やお子様のことで忙しく、ご自分の事が疎かになりがちです。でも、貴女様ご自身が痛みを抱えて苦しんでおられるのをご家族が平気で見ていられるわけはありません。他の事は放っておいてもまず、今は膝のことをお考えになって下さい。
どうぞお大事になさって下さい。
◆これほどの疾患(激痛の症状)にも関わらずこの知恵袋で聞いて、正解は出ないと思います。当然医師免許を持たない素人がああだ、こうだといっても適正な診断は無理です。医師でもCTやMRI等撮影し検査診断を経てから、今後の治療の方針を決める(その場合でも医師で随分方法が違うと思うが)事だと思います。
「皆さんやお知り合いの方で、こんな症状だったけれど、手術はしないで治せたという方、いらっしゃいますか??」ありますが、その知り合いのケースと質問者の場合が同じかどうかが誰もわかりません。ですので役に立ちません。占い師や霊媒師程度の範疇で質問されているのなら構いませんが、もし本気で治療したいなら素直にセカンドオピニオン含め正式な外科に行くことですね?。
◆元々、膝が悪く転職で歩く仕事になった。
足、腰、膝に負担がかかり、痛みが再発でしょう。
転職の理由があると思いますが、
膝の悪い人間は畳の生活は悪化の原因です。
畳の上を歩くだけでなく、正座をするでしょう。
これが膝にくる、座る、立つ、膝と腿後は腹筋で立ちます。
和服での仕事だとなおさら、膝を閉じで立ちます。
膝を考えるなら、今の仕事は辞めた方が良い。
温水プールで歩く、運動すると、
浮力で関節に負荷がかからずに済みます。
体重は減らさないと。
膝が悪いと階段は降りる事がキツイ。
体重がのります。
脂肪測定システム

コメント