14歳の息子の太ももにセルライトのようなあとを発見しました。 通常

14歳の息子の太ももにセルライトのようなあとを発見しました。
通常セルライトというと、太ももの後ろ辺りに見かけるかと思いますが、彼の場合は、太腿の外側にあります。 右の太ももで、左の方にはないようです。
また、セルライトというと、もっと不規則に凸凹な感じかと思うのですが、彼のはしま模様という感じです。
因みに彼は痩せ型です。(痩せ形の人にもセルライトはある、と何かで読みましたが)
そこで思ったのが、「ピーナッツバターの採り過ぎか?」ということで、このところピーナッツバターたっぷり(更にジャムをたっぷり)のサンドイッチを食べており、プロテインの摂取ということで良いだろうと思ってみていたのですが、あんまりにもピーナッツバターたっぷりなので、その原材料が気になり、ラベルを見てみると、ピーナッツの他、砂糖、そしてTransgenerated vegetable oilとありましたので、もうあんなにたっぷりつけさせないようにしようと思いました。(アメリカ在住です)
Transgenerated oil (硬化油、水素添加油脂)の採り過ぎと関係があるのかどうか、定かではありませんが・・・(身体によくないことは確かのようで)
もうひとつ、彼は、成長ホルモンの分泌が低いと分ってから成長ホルモン治療をやっており、もう1年近くになりますか、・・・痩せ型で触ると全身硬い感じだったのが、このところ腕やお尻等が柔らかい感じで、多少脂肪が付き始めたような、そういう変化がみられるようになりました。
「ピーナッツバターたっぷり」を始めた辺りからなので、それが関係しているのか、それとも成長ホルモン治療の影響なのか。
質問。
写真を添付しました。見づらいかもしれませんが… しま模様という感じで、うっすら凹凸が見られます。これはセルライトとは違うものでしょうか?
トランスファットや身体に良くない油の摂取と何か関係があるのか?
成長期の子供の体には良くみられるものなのか?
ご存知の方、お答えください。



セルライトですね。
足も利き脚の方をよく使うので、逆だけセルライトが出来ることがあります。
脂肪測定システム