原因が分からない顔面痛に悩まされてます。 社会人2年めに入ったばか

原因が分からない顔面痛に悩まされてます。
社会人2年めに入ったばかり、23歳です。
2月初めの頃、仕事中に奥歯が痛くなり、市販の痛み止めを飲んでも痛みが治まらないということがありました 。
すぐに虫歯かどうかだけ歯医者で見てもらったのですが、虫歯にはなってないといわれ、また2月が繁忙期だったこともあり、朝9時から夜10時過ぎまで、尚且つ週一休みで仕事をしてました。
2月後半には歯が痛いと言うよりも、右側の頭が全体的に痛くなっていたのですが、元々肩凝りが酷く整体に通っており、またデスクワークなので繁忙期が終わったら解してもらえば治るだろうと思い我慢してました。
しかし、3月に入り仕事も少し落ち着いた所で、急に痛みの度合いが酷くなり、顔を動かすことも喋ることも痛くてできない程で、これはおかしいと思い、かかりつけの内科に行きました。
内科では痛み止め(ロキソニンで気分が悪くなったことがあったので痛み止めはいつもカロナール)を処方してもらい、念のため脳神経外科でMRIを撮ってみてと紹介状を書かれたので次の日MRIを撮りました。
結果は鼻の奥の空洞が白くなってるから耳鼻科に行ってくれとの事で、言われた通り耳鼻科に行くと副鼻腔炎かもしれないと、めまいの検査?や聴覚検査や、内視鏡で鼻の奥もみてもらいましたが、原因が分からず薬も効かなかったため大きい病院の耳鼻科に紹介されて受診。
CTを撮ったり内視鏡で見てもらっても原因が分からず同じ病院の脳神経内科に紹介され受診しました。(3月中旬)
初診でとにかくずっと痛くて仕方がない、仕事も出来そうにないと伝えると、とりあえず3月いっぱいは療養するようにと、三叉神経痛という病名をつけられ診断書を会社に提出しました。
しかし4月になっても痛みは治まらず、酷い時に比べればマシというくらいで、むしろ薬(テグレトールとリリカ)の副作用の方が辛い状態でした。
療養中に1度、神経痛に効くという温泉に入ってみたのですが、毎晩痛みで眠れなかったのに温泉に入った日だけは痛みが嘘のようになくて、これで治るかもしれない!と思い、診察の時に先生に言ったら笑われました(悪意のない笑いです)。
結局痛みが完全になくなることがなく、また職場への不安、無収入の不安などがあり通院の度に先生に相談し、診断書は職場に提出しているのですが、4月半ば頃から職場に毎朝、痛みがひどいので欠勤させてくださいと電話すると、社長の方にはご自分でメールしといてくださいね。と冷たく言われるようになりました。
痛いのは自分だから痛みを分かってほしい訳ではなく、本当に申し訳ないと思っているし実際迷惑をかけてしまっているから辞めなければならないのではないかとずっと考えてます。
原因がはっきりせず、薬も欠かさず飲んで(今は漢方も飲んでます)今日MRIをもう1度詳しく見るために撮りました(予約が埋まっていたので1ヶ月くらい待ちました。ほかの病院に指示してもらって撮れないか聞いたら、同じ病院内の方が詳しい指示がきちんと伝えられるのでできればうちで受けてほしいと言われました。)
金曜に結果を聞くのですが、先週からまた痛みが酷くなり、薬もあまり効かない状態で今も痛くて眠れません。
三叉神経痛と言われてから、自分でも症状を調べてみたのですがどうも当てはまっていないのでもやもやしています。
数分でおさまる痛みが走ることもあるのですが、私が困っているのは寝ても覚めてもほぼ一日中、かなり酷い鈍痛が右半分のこめかみ、頬、顎にあり、鼓動に合わせてズキンズキンと痛むことです。
職場の方も心配で、社長は出勤してくれた方が助かるけど痛くて仕事できるような状態じゃないのに仕事に行かなきゃって思って無理しないほうがいい、むしろしっかり病院で診てもらってしっかり治すことを考えなさい。と言ってくれているのですが、ほかの職員からは迷惑だと思われています(考えすぎではないと思います)。
痛みと不安で精神的にも少し参ってしまっており、毎日なんでこんなことになったのか、自分が何か悪いことしたのか、そんなことばかり考えてしまいます。
社長からの勧めで傷病手当金の申請をするのですが、私個人三叉神経痛という診断を疑ってます。
取り留めのない長文で申し訳ないのですが、私は甘えているのでしょうか?それとも社長の言う通り、今は治すことを一番に考えてもいいのでしょうか?



まさかと思われると思いますが、顔の歪み、顎関節症ではないでしょうか?
私も同じような症状で悩まされていましたが、顎関節や鼻骨の歪みにより顔が歪んでいる事に気がつきました。
整形外科、歯科を中心に顔が歪む何てことは頑なに否定されるわけですが、間違いなく歪んでいましたし、自力で完治もしています。
顔の歪みの改善により笑いやすさが半端ありません。
◆鏡に向かって両側の口角を同じ高さで笑ってみてください。
片側が上げにくかったり、鬱血したような鈍痛が出たりしませんか?
歯科や耳鼻科では三叉神経痛を疑われ、ブロック注射を勧められましたが、丁重にお断りしています。
「あなた方が解明できない原因でも私は自力で絶対治してみせます。」と。
案の定完治していますので、してやったりです。
◆大変お困りのようなので、少しでも改善のヒントになればと思い書かせていただきます。
西洋医学的に原因が分からない不調も、病気を別のものさしで測る東洋医学であれば原因を特定し改善が期待できる場合もありますが、それにはきちんとした中医学の理論が必要となります。(これから書くことは中医学の専門用語が出てきますので、もし興味がありましたら、お手数ですが他のサイトなどでご確認下さい。)
痛みの出ているこめかみ、頬、顎などの側面は、足少陽胆経や手少陽三焦経という少陽の経脈が走っている場所で、心臓の拍動痛もそれらを統括する五臓の肝(現代医学の肝臓とは違い、情動や自律神経をつかさどる)の失調が関係しているのではないかと思いました。
経行後期は、仕事のストレスなどで気血を傷つけたことによる血虚(東洋医学の血(ケツ)は現代医学の血液を含む概念で、それが不足した状態)が原因で出ている可能性があり、血虚により容易に肝の気(身体のいろいろな機能を動かすエネルギー)の流れが悪くなり(肝気鬱結という)、統括する少陽経の通利を悪くして痛みが出たのではないでしょうか。(胃痛も肝気犯胃かもしれません)
ただし、病も少し長くなってしまっていますので、気血両虚から血瘀も生じ、それも痛みを助長している可能性があり、その場合、気血を補いながら血瘀を改善することが必要となります。
現在日本で広く行われている日本漢方は、発展の途中でこのような大事な中医学の理論を捨ててしまっているので、もし興味が有るようでしたら、大変でも中医学を習得された腕の良い方を探されて、直接診てもらうことができれば、いろいろな不調ともども改善が期待できると思います。(もし、鍼灸にかかるときも日本鍼灸ではなく中医鍼灸をお選び下さい)
◆まず根本的な原因は、
頭と顔の骨のアンバランスです。
それらを調整しない限り根本的に治る事はありません。
しかしそのアンバランスを分かり調整することもできます、ですから安心してください。
疑問点をコメントしてください。
◆精神的なものではないかと思います。
仕事から離れてみたらわかるのでは?
私が以前いた会社の男性は社長から厳しいしっを受けるうちに原因不明で失明されました。
症状に効能がある温泉で楽になったとありましたので精神的なものではないかと思いました。
痛みや辛さは本人しかわからないこともあります。
心療内科やペインクリニックを尋ねてはいかがでしょう、
◆ペインクリニックは?
脂肪測定システム

コメント