ブラウスやTシャツを着ていると、襟ぐりが背中方向にずり上がってきて

ブラウスやTシャツを着ていると、襟ぐりが背中方向にずり上がってきて着崩れます。
体型のどんなところがそうさせるのでしょうか?
また、どうすればずり上がらなくなりますか? 裁縫・人間工学などに詳しい方よろしくお願いいたします。



人間工学など専門的なことは学んでおりませんが
回答が付かないようなのでわかる範囲で少し。
そもそも既製服は立ち姿勢の理想化した数値の元
ボディーに置き換えられ作られています。
姿勢もよく歪みがない人が、サイズの合った物に袖を通すと
綺麗に見えるように作られています。
これが、姿勢の悪い方
背骨に歪みのある方、巻き肩の方が袖を通せば
少し前かがみ気味になります。
すると、肩線が後ろにずれ襟元もずれることとなり
胸元が詰まり気味になり、後ろが開くという現象が起きます。
衣服のパターンが合うかどうか試着の時にでも
動いて確かめるのも一つの手です。
前かがみになってみたり腕を上げたり捻ったり等‥。
姿勢等が原因なら改善する。
若しくは体に合うよう手を加える。などになりますね。
脂肪測定システム

コメント