人格障害って病気ではないけど、性格の歪みは、通院などで良くなった

人格障害って病気ではないけど、性格の歪みは、通院などで良くなったりする物ですか? 良くなるのなら、良くなって欲しいところは、なんでも人のせいにする所と、苦労した中にも親切にしてくれた人達への感謝というか、他人から思われた喜びなど持てるようになってほしいと思うのですが…
境界性人格障害の母のお話なのですが、親が(私のおばあちゃん)が母が4才くらいの時に亡くなり、長生きした父(私のおじいちゃん)は生活費を家に入れず、女を作り、家に帰ってこなかった人らしいです。
かなり寂しくひもじい思いをしたのが人格をおかしくしたらしいんですけど、70越えた今でも、親のせい、兄弟のせい、元ダンナ、子供のせい(私) 病気のせい
と、
全て人のせい、何かのせいにします。自分がだめだった所(お金がないのにギャンブル、育児放棄)については、〇〇だったから仕方がないと正当化。ここで、少しでもその考えは違うと指摘でもされれば逆ギレ。
しかも、その様な状況で育って来た人も、そうでない人も、私の様なお金がギリギリの状態であれば、みなが同じ事をするとまで言っています。
(笑)
とにかく自分の失敗は境遇悪いから当たり前。
人の失敗は、なぜそうなったかの大きな理由があり、それを話しても理解しない。特に娘の私が失敗(成人してから2度)は、理解したふうな言葉をかけられていても、何度も何度も死ぬまでぶり返して不機嫌な態度で説教するでしょう。(説教は大丈夫なのですが、ふてくされた態度を出され続けるとキレそうになります。)
他にも、自分が凹んだ時は、私を道連れに自殺しようとする。それは自分勝手過ぎだと言えば、親不孝者!!(笑)
毎年、母の日や誕生日等のイベントには欠かさず祝っていますが、毎年の様にお決まり文句→「お母さんは小さい時からしてもらった事が1度もないからしなくて良い、意味が無い」です。←イヤイヤ、私が毎年してるのはなんやねん?(笑)
私が生まれてすぐ両親は離婚しているのですが、幸せにしてくれなかったと父の事もぐちぐちと言い、「普通の人間ならば、子供は母のために父を殺すわ。あんな旦那で母がこんな目にあっているのに、殺さないあんたは異常だ」とまで口にしています。
小学生の時から反発しながらも、どこか、訳あってそうなった(好きでそうなったわけではない)
母の事を、良いことが母に沢山訪れて、安定した人間になって貰えたらな…なんて思い、常に機嫌の良い親でいて欲しく、アダルトチルドレンで言うピエロ的なところがありました。しかし
中学生に上がると、母のおかしな意見に真っ向から否定し、対決する日々となりました。もう、この時には、好きでこうなった訳では無いから…と言う気持ちはどこにもなく、真剣に死んでほしいと思うように。
同じ空気を吸っている事自体が嫌で、気持ち悪くて仕方がない感じでした。
それは20代半ばまで続きましたが、その後また、好きでこうなった訳では無い可哀想な人。との捉え方が少し入るように変わり、そこから更に私の辛さが増した感じです。
いつ泣きついてくるのか、いつ不機嫌になるのか、
常にビクビク。最近でもある事ですが、電話が鳴るのが怖い。たまに、こんなに引きずるのなら、本気で死んでほしいと思っていた時に死んで欲しかったと思ってます。。けど、今は、良いことがあるかどうかは分からないけど、出来れば長生きして貰って、良いことを経験してから逝って欲しいなと言う気持ちがあり、余計に辛いです。
嫌な所は母の殆どですが、許せない所は、産むんじゃなかったとかそう言う言葉ではなく、良くしてくれた人へでも、その時々でこき下ろしが半端ないところです。上げたり下げたり。あとはあからさまに不機嫌な態度をとる所。人からして貰った好意をプラスに考えようと全くしない所。
母は、私の通っている心療内科で以前貰っていたソラナックスを盗み飲んだことがあり、それを飲むと、頭がとてもスッキリする!!と欲しがっていたので、それが貰えるなら心療内科や精神科へ行ってくれる可能性が結構あるんじゃないか?と思っているのですが、無事、通院させる事が出来たとしても、改善する物なのか…
半分吐き出しのための愚痴となってしまいましたが、詳しい方よろしくお願いします。。



ご自身が変わろうと思わない人はなかなか厳しいと思います。境界性の人で良くなってる人はみんな、自分がそうとわかって、症状に苦しみながらも良くなろうって努力されてる方だと思います。
>良くしてくれた人へでも、その時々でこき下ろしが半端ないところです。上げたり下げたり。
>あとはあからさまに不機嫌な態度をとる所。人からして貰った好意をプラスに考えようと全くしない所。
そうですね、なぜこうなるかを理解することはかなり難しいと思いますが、敢えて言うならこんな感じです。
たとえば、あなたとの関係を例に挙げます。
普通の人から見たあなたは、良いところも悪いところもある1人の人間に見えています。
だから、かつて貰った好意もちゃんと常に残っていて、総合的に、少し嫌なところがあったとしても、許したり、感謝したりすると思います。
でも境界性の人から見たあなたはこう見えています。
大好きなあなた、大嫌いなあなたが、両方居て、それぞれが別の存在・生き物と認識しています。そして、大好きなあなたを愛したり褒めたりし、大嫌いなあなたをこき下ろしたり攻撃します。
あなたが自分を満足させてくれる時には前者全面的な善に見え、あなたが自分に不満を与える時には後者全面的な悪に見えます。
このようにして、最高と最低を激しく行き来しています。このような激しい認知の振れ幅に、普通の人はついて来れないはずです。
いきなり怒り狂ってこき下ろされ始めたら、何事かと驚き、傷付き、振り回されることでしょう。
誤解を恐れずに言えば、「さっきまで誰よりも大切だった相手が、いきなり塵に変わる」というようなことがあります。
なぜこうなりやすいかは、こういう人は、自己というものが連続性を持った一つのものに感じられないからです。自己イメージも、他者イメージも、実体が掴めない、混沌として矛盾していて、彼女の中は、自分や他人に対する不確かで混乱したイメージでいっぱいです。
このような混乱極まりない状態の中に、寄る辺のない恐ろしい不安や虚無感、怒りや悲しみを常に感じながら生きているゆえに、常時不安定です。
だからこういう人は本当に、その瞬間瞬間に生きていて、かつてどんなに優しく親切にされようとも、それは不確かで、移ろいやすいもの、本当であると感じ難いものです。
その瞬間瞬間の満たされなさに、裏切られた、捨てられた、許せないと、激しく反応し、混乱し、他人を攻撃しながら振り回してしまうでしょう。
苦労した中にも親切にしてくれた人達への感謝というか、他人から思われた喜びなど、
けしてそれを、信じたくない訳ではないと思います。
でもね、見えないんです。
自分のことも他人のことも。
混沌として、混乱した意識世界の中に、確かなものが一つもなくて、何を信じていいのかもわからない、すべては偽りで、幻かもしれない。
他人から思われた喜びも、親切にしてくれた人達の言葉も想いも、必死になって掴もうとしたのに、すべて、指の間からすり抜けて消えてしまう、そんな哀しさや虚しさ。
大好きな愛するあなた、大嫌いで許せないあなた、
どちらが本当の自分の気持ちかも、わからない。
私がどこに居るか、どれが私の本当か、
わからない。虚無があり、何もない。
彼女が境界性の人なら、もしかして、そんな世界を生きているかもしれません。
だから彼女が、あなたの望むような彼女になるのは、
とても難しいことなんだ、ということだけは、
あなたが彼女にこれ以上傷付けられたり振り回されない為に知って欲しいと思います。
通院し、彼女が自分を境界性パーソナリティと自覚すれば、改善には向かうと思います。自覚がなければ絶対に無理です。
あと「境界性パーソナリティ障害=BPD第2版」とかは、彼女がなぜそうしてしまうのか?ということを理解することに役立つと思います。
お母様と質問者様が、双方共に、お母様の障害をもっと深く理解する状態になれば、「良いことを経験してから逝って欲しいな」ということが本当に実現出来る可能性が高まると思います。
◆だからそれが人格障害そのものでしょう?
理由がわかっているのに、それが導く結果に文句をいってもナンセンスでしょうに。
たとえば足が悪い人に、なぜ走れないのか、走る気がないのか、治療が悪いのかとか言っても仕方ないのと同じ。
「お手々憎んで人を憎まず」の気持ちを持ったほうが楽だよ。
◆「早く死んでくれよ」と言うのも悪くないでしょうね
◆70過ぎていたら今さらです。
若い人の場合はカウンセリング治療と、あとうつ病の人が多いのでその治療を投薬でします。
しかし治ってないですね。
困難です。
◆「とにかく自分の失敗は境遇悪いから当たり前。」
大変なお母様ですね。
お疲れ様です。
まず、こういった思考の方は、他人のせいにすることで
心の安定を得ています。自分は変わらなくて良い理由として
こうなった原因を周りのせいにするのだともいます。
70歳を超えているなら、残念ながら何をどういっても
決して変わることは無いでしょう。
母親で身近な存在であれば、何とかしたいと思う
お気持ちもわかりますが、個性として受け止めるしか
無いのではないでしょうか。
また、体調が優れない場合も、下向きな思考に
偏りがちです。健康管理をされて、愚痴ばかりの話も
聞くだけでよいので、聞いてあげてほしいです。
「大変だったね。。。」「苦労したんだね。。。」の
言葉だけで、私は良いと思います。
◆母親の話しですか。
答えられません。
脂肪測定システム

コメント