慢性的な肩こり、首痛を長年抱えています。 何を試しても改善される事

慢性的な肩こり、首痛を長年抱えています。
何を試しても改善される事はないのでこの痛みとは上手く付き合って行くしかないと思っています。
先日、首の痛みが酷くなったので何気に見たサイトが気になり早速行ってみま した。
が、そこで不覚にも詐欺に遭ってしまいました。筋肉治療は保険適応で背骨矯正というものが自由診療で自費。一度でどれ位の効果があるか半信半疑で施術してもらい大して劇的な効果は感じなかったものの、一回¥2000-がひと月に何度でも受けられ月額¥6000-のVIP会員という制度の説明を受け、どのみち何度か通わなければならないから…と思い入会してしまいました。それがクレジット払いのみでしかも2カ月間は解約出来ないと言うもの。家に戻ってからよく考えると行けば行くほど保険適応分の治療費も掛かるので高くつくな…と思いました。翌日に早速、予約を入れていたのでモヤモヤした気持ちを抱きながらも前日も同じ施術を受けました。この時はちっとも改善された実感はなく身体が重いなぁと思いながら家に帰り夕方に痛くなかった腰に強い痛みと足の僅かな痺れを感じ出しました。痛かった首も益々痛みが増して来たようで、もうこれは完全に騙されてしまったと気づきました。
何とか解約したいと思いますが難しいでしょうか?
明日にはペインクリニックに行って先生に診てもらいます。
自分の症状に合っていない背骨矯正という施術はもう受ける事が出来ない状況なので症状を説明してせめて会員の解約をお願いしてみようと思っていますがどうでしょうか?
お知恵を拝借したく投稿しました。
よろしくお願い致します。



取り組みの是非はともかくとして、その支払いシステムがダメですね。
詐欺みたいじゃないですか。
更に言えはペインクリニックも、根本原因の解明を先伸ばしにして、便宜的に痛みを抑えるような取り組みになるなら、それはそれで詐偽みたいなものだと個人的には思いますけどね。
「慢性的な首こり、肩こり、腰痛の原因は患部にはない。」
これが私の結論です。
後ろ合掌はできますか?
自宅でのストレッチをお勧めします。
鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。状態の確認は非常に重要でした。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。
結構いるんですよ、スマホやパソコンの長時間利用で無意識に左右の肩が上がっている方。
私がまさにそれでした。
首こり、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。
体の歪みに注目してみてください。
鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。
慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。
ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。
この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。
対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。
特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。
まずは背中のストレッチを進めてみてください。
やって良かったストレッチをまとめていますので、辿り着けたら参考になさってください。
◆早速の回答をありがとうございます。
じっくり拝読いたしました。痛みから何とか解放されたい気持ちから良いと言われるものを試してみてはさほど解消されぬまま同じことを繰り返していました。
仰る通り、ペインクリニックに行ってもその時の痛みから期間限定で解放されるだけで根本治癒ではありません。
ストレッチが良いという事は幾度となく言われ続けていますが運動嫌いの私にはなかなか続けられないものです。
ですが、今回の詳しいストレッチ方と実際に痛みをご自身で解消されたという何よりも信憑性の高いアドバイスは納得出来ます。今回の嫌な経験を機に自分の身体は自分で改善すると強く思い大嫌いなストレッチを真剣にやってみたいと思います。
親身なアドバイスを頂き感謝致します。ありがとうございます。
脂肪測定システム

コメント