ミノキシジルを飲んだり塗ったりするのはハゲにどんなが効果がありま

ミノキシジルを飲んだり塗ったりするのはハゲにどんなが効果がありますか?
血流を良くしたらどうして髪が生えるんですか?
どちらも使っていますが改善がしない場合はAGA型脱毛だからですか?



ミノキシジルという成分は血管拡張作用のある成分です。塗布の場合は成分が患部(毛乳頭)まで到達すれば毛細血管が開き、血流が改善され、育毛効果が得られるとされています。
また、日本では育毛薬のような扱いがされてきた、ミノキシジルタブレットは内服することで血流を改善すると考えられていますが大変、安易な考えであり、医学的根拠が全くありません。
血流の改善が重要な理由は血液中のたんぱく質が髪の主成分であることです。毛乳頭内でたんぱく質が細胞分裂を繰り返しことで毛髪は生成されます。
ミノキシジルに限らず、他の育毛関連品が血流の改善を目指すのはその為です。
加齢やストレス、生活習慣などで血流が悪くなることはほとんどの方がご存知ですが、近年問題となっている「ゴースト血管」というのもをご存知ない方が以前として多いです。
NHKなどでも特集を組むほどですが、これは体の90%の血液が流れる毛細血管が消滅するという現象です。
特に体の末端部分のように、人体の構造上、血液が流れにくい頭や手先など、でゴースト血管は生じやすく、同じ頭部では脳内や顔の毛細血管が消滅し、栄養や酸素が供給されないことから、認知症やシワやシミなどの肌の老化の原因とされています。
当然、髪の影響にも大きく影響していると考えられています。
NHKが2018年4月1日に放送した、ゴースト血管についての髪への影響について以下で紹介しています。
最初は血行不良が原因ですが、毛細血管が消滅する原因は、流れる血液量が減少し、元々、存在する血管の内壁の割れ目があります。この割れ目から、皮膚や様々な細胞に栄養や酸素を供給しています。
ところが、十分な血液が流れない状態が続くと割れ目が広がり、頭などの末端部分まで血液が到達する前に血液が漏れ出てしまうことです。
ミノキシジルを服用すれば体全体の血流が改善され、塗るよりも高い血行促進効果があるというのは完全な間違いです。
例えば、がん治療でも患部だけを手術し、除去することや重粒子線などでピンポイントで対処するのはより効率的かつ、安全だからです。
抗がん剤のように体全体のがん細胞を死滅される治療はガンの患部に集中して作用させることはできず、他の部分にも影響するのでその分、副作用のリスクが高くなります。
ミノキシジルを服用すれば、体内から作用して、体全体の血流が改善され、毛が生えるという考えは完全に過ちです。
事実、これまでの日本の育毛病院が取り入れていたミノキシジルの内服を根底から否定した内容が発表されたばかりです。
本来は血圧抑制剤としてのみ承認されている薬ですがリアップに含まれる血管拡張作用が内服薬の主成分であることから、日本の育毛病院などがこれまで育毛薬であるかのような説明をしてきましたが世界中でミノキシジルタブレットを育毛薬として承認している国は1国もなく、製造するメーカーですら育毛薬での使用しないよう注意書きに記載するほどです。
7年ぶりに改定された日本皮膚科学会の男性型・女性型脱毛症の治療法でミノキシジルタブレットの服用は推奨できないと発表されたばかりです。
ガイドラインでは「ミノキシジルの服用は有用性に関して臨床試験が実施されておらず、副作用のリスクが高いこと。またこのミノキシジルの内服療法は利益と危険性が十分に検証されていないので男性型・女性型ともに行わないよう強く勧められる」と明記されています。
心筋梗塞や脳いっ血のリスクなどがあることから、無闇に飲める薬でもなく、長期服用できるものではありません。
内服ミノキシジルのこれまでとこれから 日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン 推奨度D
AGA型脱毛も大きく影響し、テストステロンと5aリダクターゼという酵素が結合して発生するDHT.このDHTが毛乳頭内でのたんぱく質の細胞分裂に不可欠なエネルギー源である、ATP(アデノシン三リン酸)を抑制してしまいます。
ザガーロやプロペシアはDHTの発生要因となる、5aリダクターゼ抑制剤として使用されますが5aリダクーゼをどれだけブロックしても、ATPが増加する訳ではありません。
どれだけたんぱく質が毛乳頭まで届いていても、細胞分裂に必要な、ATPが増加する訳ではありません。
DHTという発生要因を抑えたとしても、DHTが抑制してしまったATPが増えなくては髪が生えることはありません。
プロペシアやザガーロを飲んだ方が抜け毛は収まったけど、毛が生えないと感じるのは、ATPの増加に至っていないからです。
学会の参加人数も日本一国よりもヨーロッパの皮膚科学会のほうが遥かに多く、54か国が加盟する欧州皮膚科学会は先進的な育毛治療や研究が行われています。この中でもザガーロは育毛薬として承認されていません。
今回の欧州皮膚科学会が発表した男性・女性型脱毛症のガイドラインについては以下で説明しています。
ミノキシジルタブレットやザガーロの評価が日本とは大きく違うことに驚くと思います。
ヨーロッパではザガーロなどのデュタステリドは育毛薬としては承認されていないとはいえ、日本や韓国が承認していることや一部で研究機関がデュタステリドの検証を行った臨床試験が掲載されています。
ザガーロも承認されていないことも、一部で行われている臨床試験についての記述しかガイドラインでは確認できない程度の治療法です。
ザガーロは日本のガイドラインでは育毛薬として推奨度Aとされていますが育毛薬として効果を裏付ける根拠が不十分です。
ザガーロの臨床試験(非重検比較試験)の結果は以下で紹介しています。
前立腺肥大患者が服用した場合と健康体の方が育毛薬としてザガーロを服用した場合で勃起不全で約3倍。リビド―減退では5倍近く、副作用の発症率が国内の臨床試験でも確認されています。
ザガーロを育毛薬と前立腺肥大で服用した場合での副作用の発症率の違いについては以下で紹介しています。
2018年2月、アメリカの米国皮膚科学会の中で、欧州皮膚科学会が日本皮膚科学会が改定発表したガイドラインと同様に、低出力レーザ―の男性・女性型脱毛症の治療法として正式に推奨すると発表され,大変大きな話題となりました。
このガイドラインでAGA・FAGA型脱毛に対し、低出力レーザ―を使用することが有効な治療法であると推奨する国が大幅に増加しました。
日本のように一国で示された治療指針でも低出力レーザ―の信憑性への評価は高まりますがヨーロッパの学会は54国の医師や専門家が参加し、それぞれの国ごとに保健省が存在し治療の基準も異なります。
欧州皮膚科学会が定める臨床試験結果をクリアした3つの論文を元にエビデンスレベル2で低出力レーザ―育毛器の使用して、毛髪の本数の増加がランダム化比較試験でも男性・女性型脱毛症の治療に対し、効果が確認され、推奨すると評価されました。
日本皮膚科学会の男性・女性型脱毛症の治療ガイドラインでも「低出力レーザ―の発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、使用を勧めると推奨度Bと発表されました。
日本皮膚科学会が改定版ガイドラインついては以下のブログでご欄いただけます。
添付している画像は低出力レーザ―育毛器の回復例です。
世界的な臨床試験でも2.54㎝の円形の面積を使用前と使用後17週目で比較すると毛髪の本数が平均して51%の増加。93%で改善が見られたと発表されています。
同じ期間、使っていても、得られる結果には商品の性能が大きく左右します。レーザーと
いう直進性が高い光であるからこそ、同じ面積に対し、どれだけの数のレーザー照射個数が搭載されているかでATPの増加量や血行促進、ゴースト血管の改善効果が得られる製品であるかどうかなどが結果を大きく左右します。
ミノキシジルタブレットを病院で処方を受けていても、改善した血流状態を患者に見せてくれるクリニックはありません。
その点、低出力レーザ―器の血行促進効果は特殊カメラで撮影をすれば画像ではっきりと確認できます。
ミノキシジルタブレットでは得られない低出力レーザ―の血行促進効果について
低出力レーザ―の血行促進効果については以下でご欄いただけます。
低出力レーザ―の最大のポイントはAGA型脱毛のDHTの増加によるATP不足を、改善し、ATPを増加させること。
ATPを増加されながら、血流の改善も同時に行える育毛法は他にはありません。そのような事が国際的に低出力レーザ―の育毛効果が承認された要因の一つです。
先に、お話をしたように、がん治療でも同じですが、血行不良や血管のゴースト化を解決するのであれば、問題箇所である患部を集中的に対処するほうが効率的であり、副作用の問題などがなくなります。
血行不良はこれまでの生活習慣や加齢なども大きく影響しているので、安全かつ、継続的に改善していく必要があります。
低出力レーザーは頭皮に特定の波長と出力を照射することでチトクロームCオキシダーゼを活性化、ミトコンドリア電子伝達系を増加させることでATP産生が増加。
育毛についてあらゆる最新情報をyahooブログで掲載を始めましたので興味があればご欄ください。
脂肪測定システム

コメント