昨日くしゃみと鼻水がやたらととまらなくなり、家ついて、風邪薬を飲

昨日くしゃみと鼻水がやたらととまらなくなり、家ついて、風邪薬を飲みました。 今日になって、本格的に風邪をひいてしまいました。
今咳も出て来て、ついさっきめまいがしました。
薬以外で早く治す方法を知りたいです。
みなさんは、風邪ひいたとき、何をして治しましたか?



風邪薬というのは、名前とは違って風邪を治すための薬
ではありません。
風邪の症状を緩和するためのものです。
一時的に悪寒を感じ難くするとか、鼻水が出難くなるとか、
呼吸が楽に感じるとか、解熱作用があるとか、そういう
対症療法のためのものです。
治すのは、あくまでも自分の中の免疫です。
免疫力というのは、リンパ腺の中を流れているリンパ液に
含まれる、白血球の力の事です。
リンパ液というのは、血管と違ってポンプである心臓には
つながってないので、太い血管と筋肉の間でゆっくり
流れています。
油と同じような性質があり、温めると早く流れ、冷やすと
ゆっくり流れます。
早く流れる=温かいと免疫力が高くなります。
だから、昔から、風邪をひいたら温かくして寝ろと言われる
のです。
リンパ腺の途中にあるリンパ節が、体表に近くて外気の影響
を受けやすい位置にあるのが、首の付け根、脇の下、脚の付け根
にあります。
脇の下と脚の付け根は布団の中にあるし、服を着てるので
布団で寝てる分には問題ありませんが、首の付け根は布団と
枕の間の隙間で冷えやすくなっています。
寝る時は首元にタオルか何かかけて、隙間を埋めます。
風邪やインフルエンザのウィルスは、喉から侵入して来ます。
喉は粘膜で覆われていて、普段は吸い込んだ空気に含まれて
いる様々な菌やウィルスは、その粘膜に絡めとられて胃に
流れ落ち、消化される事で病気にはなりません。
が、ストレスや乾燥や汚い空気などで喉の粘膜が薄くなって
いると、粘膜層を通過して体内にウィルスが入って来るのです。
今の時期、暑かったり寒かったり、寒暖の差が激しいですが、
早朝や夜間はまだ寒い時期。
昼間暑いからと薄着で出歩いて、夜に喉を冷やしながら帰って
来ると、感染しやすい体の出来上がりです。
風邪薬は、あくまでも体調の悪さを一時的に弱めて、
ゆっくり安眠出来るようにするためのものです。
ちゃんと暖かくして寝るのが一番の近道です。
ただし、首から上、つまり脳は冷やす事。
脳は暑くすると障害が出ます。
脂肪測定システム

コメント