義理の姉60代 膀胱がん リンパ節転移について 箇条書き乱文で申し訳あ

義理の姉60代 膀胱がん リンパ節転移について
箇条書き乱文で申し訳ありません。 以下の内容で 今最も適しているアクションをアドバイス頂けると助かります。 10月からGC療法 4クールスタート
2クール後(11月)CTでは少し縮小気味。(膀胱自体の腫瘍は飛び火していて無く 鼠経の腫瘍がメインで 身体全体のリンパ節に転移している状況です。)
11月・12月は抗癌剤の副作用はあったものの痛みや排せつ障害は無かった。
12月頃になると脚の浮腫みは少し引いて細くなっている印象だった。
4クール後(1月)CTでは前回と横這い
1月中頃~3月中頃まで休薬(左脚、腰の痛みがあったので漢方等は試していたが目立った効果無し。)
3月中頃CTで全体的に微大気味。この頃から胸水・腹水も指摘されるようになる。同時にロキソニンの鎮痛剤も処方されるが効果は無い。
3月下旬 キートルーダ開始。(1回目)全体的にやせ細ってきていて上半身はガリガリの状態。鼠径部から腹にかけては特に水が溜まっていたが脚は明らかに細くなっていた。左脚、腰の痛みは増してきていて歩いた立ったするのが辛くなっていた。相変わらずロキソニン効果もなく 排泄の方も水分量に対して尿量が少なく便の回数も減っていた。
4月頭に入院し、栄養失調を指摘される。ここではじめて リリカを処方され 痛みの鎮痛効果があった。
ただ入院したころから 脚の浮腫みが再発して 浮腫みのピーク時よりも浮腫むようになる。
痛みのコントロールが少し出来るようになってきたが 浮腫みが日に日にひどくなり 利尿剤を処方されるも尿量の変化は無く 浮腫みも増す一方。
最近では上半身にも侵入し 顎の下なんども 浮腫むようになってきた。
痛みはコントロールできても浮腫んでいて 食欲や運動能力が低下し寝た状態で過ごす事が大半になり悪循環。
この浮腫みに関しては対処療法しか無いと断言されたが 出来る限りの事をやっても 浮腫みは増すばかり。
差し当たっては 2回目のキートルーダをしたばかりなので、その効果に期待してリンパの腫瘍が小さくなり流れが良くなることを期待するが、このまま 排泄循環も悪く際限なく浮腫んでいくのではないかと不安。
良い方法は無いか。 と考えています。
本人とは会話もできていて 完治がどうこうというよりは 日に日に増すばかりの浮腫みを解消したいというのが直近の課題です。まるでダチョウの様な体系になっています。、
勿論、病気全部が良くなれば 尚 ハッピーなのは言うまでもないのですが、、
我々は親戚も少なく 親近者は本当に大切な存在です。
貴重なアドバイス 募らせて頂きます。



医者でもないので責任は持てないのでそのつもりで
栄養失調ということは食事がうまくとれていないということ?
血液検査で総タンパク、ALB、ChEの値は低い?
腹水が出ている可能性として考えられるのが
○栄養失調(ALB低下)によるもの
○癌によるもの
もし腹水を抜いたことがあるのであれば色はどうだったか
透明な黄色の液体であれば栄養失調の可能性大
不透明な赤もしくは黒色の液体であれば癌由来の可能性大
尿道が影響を受けているのは確実なのか?
であれば、自然排尿は難しいのでは?
血液検査で血中アンモニアの数値は高い?
ただ排尿ができないから腹水がたまるというよりは想像するにタンパク質不足なのではないかと思われる。(全身のむくみや胸水がでているから)
自分の父の場合の話
当初膀胱がんステージⅠ(Tur-Btで切除・筋層には至らず)
1年後再発(上皮内がん・BCG膀注10回・細胞診陰性になる)
1年後リンパ節転移を指摘される(細胞診は陰性)
医者からは抗がん剤で縮小して全摘を提案されるが本人の希望(QOL低下は受け入れられない)で全摘はやめて放射線治療にする
治療途中で脱水症状になり中止
予後は全ての治療をやめ経過観察することに
1年後少量の腹水を指摘される
3ヶ月後見た目で腹水がたまっているのが分かるぐらいに
医師からは利尿剤を処方され尿の排泄回数は増えるが腹水に変化なし
別の病院でCARTで腹水を抜くもたまるスピードは徐々に速くなる
足のむくみもみられるようになる
3回目のCARTで肺炎をおこし主治医のいる病院に入院
内科の医師からは余命月はないと宣告
2週間ほど入院したがその間も腹水は溜まる
入院中に利尿剤を点滴に入れるも尿は出ているが腹水は減らず
胸水がたまり始めて一度胸水を抜く
その後腹水を半量抜きアルブミンを入れるも変化なし
利尿剤が我慢できないということで本人の希望で在宅に変更
家に帰ってきて1週間はカロリーメイトを与えて様子見
血液検査で肝機能に問題はなかったので退院後BCAAを与えてみる
当時の食事
朝 1日のビタミンゼリー+アミノバイタルゴールド1袋(4g)+コラーゲン6g
昼と夜 タンパクヨーグルト(当時森永が売っていた)+200Kcal程度の物
食べられるときはおやつ
1日600~700Kcalでタンパク質50g以上を目標
1日のビタミンゼリーは必要なビタミン補給のため
アミノバイタルゴールドはBCAA補給のため
コラーゲンは床ずれ(褥瘡)対策
この食事に変更してから数日で腹水・足のむくみは無くなる。
数日後医者がきて胸の音を確認して胸水もないのではないかといわれる
在宅にして1年後死亡(急に痛みを訴えて翌日死亡)
ちなみに父の場合退院時の血液検査は
総タンパク 5.1
ALB 2.0
AST 21
ALT 12
LDH 192
ChE 46
死亡直前の血液検査は
総タンパク 6.4
ALB 2.7
AST 30
ALT 25
LDH 209
ChE 113
BCAAが全てではないと思うけどそういう論文(腹水対策にBCAA投与)を書いている人もいるみたいなので
参考になれば
◆詳しいご回答ありがとうございます。
ご親族の経験があるのですね。 非常に参考になります。 本当にありがとうございます。
脂肪測定システム