ハリルサッカーに関して質問です。 世間の声の中にはハリルの縦に速い

ハリルサッカーに関して質問です。
世間の声の中にはハリルの縦に速いサッカーは日本代表にはフィットしなかったそうです。
そこで質問なのが
1. 縦に速いサッカーができれば、日本代 表はこれでの代表よりも強くなれるか
2. 縦に速いサッカーができなくても、日本代表独自のサッカーで、世界の強豪の仲間入りはできるのか
以上2点、お願いします。



1.というか出来たら苦労しないというのが正確なところでしょうか
このサッカーを安定して行うための前提として、
・縦に蹴り出したボールにDFより早く追いつく
・DFが追いついてきて体をぶつけて来ても当たり負けない
これをこなした上で、高確率で一対一に勝つ必要があります。
しかも勝っても終わりではなくて、
・抜いた相手やそれ以外のDFが全力で追いかけて来てもドリブルしながら追い付かれない
これだけのことが必要です。
まあ要するにアホみたいなスピードとパワーが必要なわけです。
アジアでの試合ならともかく、W杯でそれが出来るのは黒人を大量に擁するアフリカや南米だけです。
守備も同じでマンツーマンで守りますから、
・相手がぶつかって来ても倒されない
・スルー出してきてスピード勝負になっても置いていかれない
というのを大前提にして抜かれない必要があるわけです。
さらにマンツーマンで相手について行ってDFのポジションが決まるわけですから、相手がFWを前へ前へと配置してら最終ラインを後ろに下げられることも想定されます。
その場合はクロス一発で一点取られかねない場所に追いやられるわけですから、高さでも負けないということが必要になります。
というわけで、まあ「んなこと出来たらそもそも苦労してねーよ」という話ですね。
ドイツは南アフリカの時は縦に速いサッカーを目指してましたが、ハリルのような無策ではなく、
後ろのポジションの下手な選手へのパスコースをあえて開けてパスを出させる。
スタンバイしてた選手が一気にパスコースを切ってボールを奪う
2人の選手が横と斜め前に既にスタンバイしていてボールを奪ったらその決まったルートに即座に出す
という方法でやっていました。
ボールをとにかく前で奪うことにより、相手の方が速くても追いつかれる前にシュートまで持っていこうという作戦です。
これでも完全に機能したとは言い難く、次のW杯では速攻をやめてポゼッションを重視した結果、優勝しました。
日本より身体能力が高いドイツでもそうなんです。
2.目指すべきはやはりポゼッションです。
シンプルなサッカーほど身体能力を誤魔化しにくくなりますから。
ボールを持った選手にサポートの選手が付いていく戦略が必要になります。
例えば方針転換したドイツのポジションは必ず4人以上、中盤なら斜め前後と横の6人がパスを引き出す動きをします。
スペインでもボールを持った選手へのサポートが徹底されていますのでパス交換がスムーズにいきます。
日本が目指すべきなのもそういうサッカーですね。
◆1. 縦に速い攻撃というのも必要ですが、それをすべてチャンスに出来、さらにすべてを決めきれるようなチームはありません。そうなると相手の速攻返しも食らう回数が増えます。
もっと使い分けられるような試合巧者になれたときに、安定的に勝てるような強くなったという話になるでしょう。
テニスの錦織選手であってもパワーと技術と駆け引きなどトータルの能力があり、サーブを放棄するのでもなく、レシーブを放棄するのでもなく、一発で仕留めるときと左右に揺さぶってから仕留めるときの戦術眼、体力のコントロールで上回る戦術眼とか、トータルで極めてきたから世界クラスにいるのでしょう。
2. 独自とは言わないまでも、日本に合ったところを昇華させるというのは意義深いことです。日本人には向かないと言われた短距離のリレーでメダルを獲ったのは、緻密なバトントスを極めたからと言われていますね。
◆1. 縦に速いサッカーができれば、日本代表はこれでの代表よりも強くなれるか
→そもそもこれができないのは日本人選手の能力が低いからです。
2. 縦に速いサッカーができなくても、日本代表独自のサッカーで、世界の強豪の仲間入りはできるのか
→1のとおり選手の能力に問題があるので無理です。
◆なでしこジャパンで図解しましょう。
2011年W杯で優勝したなでしこジャパンは海外メディアからバルセロナのようなパスサッカーと称賛さえました。
ただ、佐々木監督はその直後に得点力アップのために「縦に早い攻撃」をたびたびコメントするようになり、ロンドン五輪のアジア予選では大苦戦、リオ五輪のアジア予選では五輪の切符を失いました。
つまり、日本代表は男女とわず「縦に早い攻撃」は適していないということです。とにかく、ショートパスをつなぐ、ぐじゅぐじゅした戦術が日本人らしいサッカーだと思います。
◆1引き出しは多い方が良いですからね。勿論今より強くなるんじゃないですか。
2問題は結果が出なくても継続する事です。それが出来れば大丈夫でしょう。
◆サッカーとはそんなに単純なものではありません。
縦に速いか否かだけで決まるものではないということです。
脂肪測定システム

コメント