シーバスロッドで9フィートと11フィートだと飛距離はかなり違いますか

シーバスロッドで9フィートと11フィートだと飛距離はかなり違いますから?離れたポイントを攻めたいのですが、精度は落ちるでしょうが遠くに飛ばしたいです。どんなものか教えてください。



9ftロッドと11ftロッドを比較すると、同じパワーでロッ
ドスイングすれば9ftのほうが振り抜けが良くスイングスピー
ドがあがります、それに対して11ftロッドは空気抵抗の影響
で9ftロッドよりもスイングスピードは落ちます。
よって11ftロッドを使うならよりパワーがあるキャスト方法
が必要になります。
遠投と言えばオーバーヘッドキャストのイメージですが、オーバー
ヘッドキャストは体の上体と腕の力に頼った投げ方。
それに対してスリークォーターからサイドキャストは腰の回転が
生かせる投げ方ですので11ftでパワーを生かすならスリークォ
ーターまたはサイドキャストが有利となります。
更にスリークォーターやサイドキャストではルアーの弾道が低く
目標に対してコントロールの修正がしやすい特徴があります。投射
角度は35度から40度が最も飛距離が出しやすい角度です。
◆こんにちは^_^
僕は今9.6フィートの竿を使っています。
そうですね…11ftの竿を使ったことはありませんが
私の意見としては
使う場所をよくよく考えてみると
決まります。
私のホームグランドは
150mぐらいあるのですが
10ftと9.6ftと9ftの竿 どれがいいかと思った時
間をとって9.6ftにしました。
やはり、飛距離を伸ばすには
ミディアム系の硬さがいいと私は思います。使うルアーによっては違いますが
バイブ系を使うのであれば
9.6Mでいいと思います。
◆飛距離は、単純に長さだけで考えるのは間違いです。
全く同じブランクスで全く同じルアーを投げるのであれば、それほど大きな違いは出ません。
この条件でも多少は伸びると思えますが、長くなるとブランクスが柔らかいロッドと似た挙動となる事もあります。
※同じ重さでも長い方がロッドへの負荷が増える為
一般的にロッドは、長い方を上位のパワーとするのはそうした理由もあるからです。
体力のある限り、ロッドはパワーがあればある程重いルアーを投げられる計算となるので、パワーのある長いロッドの方が飛距離は出ます。
どの程度伸びるか?は、ロッドパワーと技術・体力次第となるので一概に言う事は出来ません。
ただ、飛距離以外に、次の点にも注意が必要です。
私も11ftのシーバスロッドを持っていますが、重くて非常に疲れます。
1日振り続けるには、かなりの体力が必要です。
最近は、使わなくなってしまいました。
◆ミドルウェイトクラスのルアーでさえキャストできる11ftロッドは、最近では数種類は存在していますからね。
その理由たるものは、食いそうで使い易いサイズのルアーの飛距離を伸ばすことであると思います。過去はハードロッドが主流で、ヘビーなルアーを投げるしか無かったものでしたが、何せ重くて硬いロッドが殆どでしたし、そういうのを続けるには凄く疲れますしね。
15cm未満のミノーやペンシルプラグ、ジグヘッドなどを遠くにキャストするためのロッドって意味では、11ftのミディアムロッドというものは凄く良い感じであると個人的には思います。まあ10g台後半(1/2ozあたり)であれば、今までの9ftのミディアムロッドよりも遠くへ着水させれますからね。遠くにキャストすることへのコントロール性は、逆に無理なリキミが生じないので良いと思います。軽く投げてもウェイトが乗せ易くて、ルアーが届いちゃうってことは優位に働くとは思っていますがね。
ただし、ルアーを遠くに飛ばすほど、アクションなどのレスポンスが鈍るっていうのは、どうしてもありますからね。特に水噛み系のルアーの波動やトップ系のドッグウォークなどでは、ロッドが柔らかい分だけ仕方が無いと思うところです。
◆9.6 10 11と竿使っていますが、硬さによると思います。
硬さが同じで条件同じなら11だと思います。
11で小手先で投げれる竿が少ないと思いますけど。
楽なのは10までですね。
◆両方が長さ以外限りなく同じなら、11ftの特性を活かせる筋力とキャスティングスキルがあれば飛距離が伸ばせますし、無ければ逆効果もありえます。
脂肪測定システム

コメント