火葬炉の値段の差はどこでつきますか!

火葬炉の値段の差はどこでつきますか!



まずは火葬場には市町村が運営する公営火葬場と自治会が運営する墓地の火葬場、東京に多い民営の葬儀会社が運営する斎場があります。
・公営火葬場
最安値 無料(市内利用者に限る) 東京都では八王子市など
最高値 60800円 東京都瑞江葬儀所
・自治会の火葬場
不明
・民営の火葬場
最安値 59000円(最上等)
最高値 350000円(貴賓館)
貴賓館動画
東京都内民営斎場
・解説
公営斎場は自治体が住民に対してサービスという形を取るため、最安値の八王子市斎場などは無料です。ただし他都市からの利用は5万円かかります。
次に民営斎場の火葬炉ですがランク分けされています。
最上等はロストル式の火葬炉が1部屋に8炉(町屋斎場の例)並び、収骨や炉前を共用するため59000円と他のランクより安いです。
次に特別室ですが、ここからは1部屋に2炉の火葬炉があります。
プライバシーが守られるため107500円と高めです。
特別殯館は炉前ホールにシャンデリアが飾られ特別室より炉の間隔が広く火葬炉の化粧扉が豪華になっています。
そのため177000円と高く有名人や皇室の火葬で使われます。
最後に貴賓館ですが、1部屋に1炉あります。ここだけ火葬炉の前に前室(といっても冷却する場所でなくスモークなどの演出のみ)があり、お別れ台や専用の待合室があります。四ツ木斎場のみ設置され35万円とVIP待遇そのものですがやはり少しでも金儲けの意図があるようですね。
なおこれらの火葬炉の機械は同じで、焼き方はロストル式で貴賓館以外は前室がなく化粧扉を開けるとバーナーが見えています。
◆1日に何体もの御遺体を火葬する炉とその人1体しか火葬しない炉との差だと思いますよ!
完全個室見たいにプライバシーも守れますし
ゆっくりとお別れや収骨も行えます。
脂肪測定システム

コメント