江戸時代の武士はどうして刀を大小合計二本差すのですか。小の方は何

江戸時代の武士はどうして刀を大小合計二本差すのですか。小の方は何に使うのですか。相手方が大で襲いかかってきた場合は,小では対応できず,護身用にもならないと思うのですが。



●二本差す意味
江戸時代、徳川家綱の頃に町人の帯刀が禁止されました。
それ以前は、誰でも帯刀できました。(一本差し)
この時、武士だけは二本差しても良いとされており、身分を表す意味でも武士は二本差しにするようになりました。
また、「自分は自分の身分を自覚しています」という意味からも二本差しが基本とされました。
●刀を固定するための小刀(二本あるとズリ落ちない)
差し方に閂差しというものがあります。
長い刀の方を水平になるようにする差し方で、この形を作るには二本必要です。
抜きやすいことから居合の使い手や腕に自信があるものが好みました。
また威圧感がある(上記の強い侍のスタイルだから)、二本差しのまま座れる、という利点もあり二本差しの基本型のようなものになりました。
ただ、閂差しは体の前後に大きく刀が飛び出すので、鞘が当たってトラブルになることも多く、人の多い場所でこの差し方をする武士は野暮な田舎侍として疎まれました。町屋などで遊び慣れた侍は落とし差し(体に沿うように縦に差す)にします。
●小刀の使い道
戦国時代、短い刀は討ち取った相手の首を切り落とすために持っていました。
とどめを差す道具です。
槍と小刀(脇差)という組み合わせなどです。
●一本差しのてきとうな侍
二本は重い、面倒くさいということから、一本差しの侍もいました。主に御家人や旗本の次男三男など部屋住み候補です。このとき小刀を一本差しますが、短すぎるとカッコつかないので、長脇差しという長い小刀を作りました。
●一本差しの真面目な侍
武家の子供は小刀(脇差し)のみ差しました。
◆小さい方「脇差」は
主に、密着状態の時などに使用されることが多かったそうです
鍔迫り合いなどになった時や
相手を押し倒したりした際などに
素早く攻撃できるようにするために、小型なのです
例えるなら「メインウェポン」と「サブウェポン」の様な関係ですね
緊急時などに使うことが多いでしょう
メインとして使うことはほぼ無いと思います
◆軍防令の中に兵士の持つ物として、大刀1口、刀子1枚って出てくるんで、小型の刃物を持つことの起源は相当古い。藪を進行する場合や、敵が組み付いてきたときとっさに応戦する場合、投げつけて食糧になる獣を捕ったり、生き延びるためには片手で使える刃物があった方が良い。
◆脇差は 予備用として持つのですが
それだと 同じ刀だと 手に持って
扱うときに 柄が邪魔をしてしまいますので
必然的に 柄の短めの物になります。
又 屋外では二本差しでも 屋敷内 登城の際は
長い方は 体から外し 右手に提げたり 預けます。
短い脇差の方は 常に身に付けて居ます。
屋敷内での戦いの場合 むしろ短い方が 扱いやすい
時もあります。
自決に用いることも出来なくはないですが 通常の切腹は
平造りの短刀を用います。
◆諸説有りますが、戦国時代の武者は太刀を二振携えていました、此は予備の太刀です。
その名残で平和な時代の武士は太刀二本から打ち刀を二本、それから予備が短くなったと言った説が有ります。私はその説が正しいのでは?と思います、常に戦いに備えた名残であると考えます。
◆自分を殺すときに使うのです。
脂肪測定システム

コメント